体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水道橋博士「五輪を観ずに、自分の“キャッスル”に入って観続けるのもアリ」

左よりリリー・フランキー、黒谷友香、水道橋博士
 現在、全米で大ヒット継続中で、2年連続“最も好きな犯罪ドラマ”にも選ばれている人気海外ドラマ『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』。NYで起こる趣向を凝らしたカラフルな殺人事件を中心に、母の死の謎を追う、強く美しく聡明な殺人課の女性刑事ベケットと、ちょっとウザい性格ながらも抜群の推理を展開する人気ミステリー作家のキャッスルの異色コンビが繰り広げる、オシャレで知的なミステリー・ドラマシリーズだ。 全文
MOVIE ENTER 08月02日 16時40分

(http://news.livedoor.com/article/detail/6817290/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会