ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2012年7月)、初登場Jelly Beanのシェアは0.8%、ICSは15.9%にシェアを拡大

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2011年8月1日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアとその推移を示したグラフがAndroid Developersサイトで公開されました。今回から7月中旬に公開された最新バージョン「Android 4.1(Jelly Bean)」も含まれるようになりました。初登場のシェアはIce Cream Sandwichの0.6%を僅かに上回る0.8%。シェア集計までの期間がIce Cream Sandwichより短いにも関わらず、Ice Cream Sandwichの初登場シェアを超えてきているのは、Nexusデバイスのアップグレードに加えて、$199からの低価格Jelly Beanタブレット「Nexus 7」の販売も大きく影響したのではないかと思います。全体のトップは今回もGingerbread(60.6%)で、まだ主流だと言えると思いますが、前回よりもシェアを下げていますし、シェアの下げ幅も大きくなっています。Gingerbreadとは対象的に、Ice Cream Sandwichはシェアを15.9%に上げています。今回、Ice Cream SandwichはFroyoを抜き2位に浮上しました。

次の図は、月ごとのシェアの推移を示します

Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「AQUOS PHONE CL IS17SH」のケータイアップデートを開始、エコ技設定適用中にEメールが自動受信できない事象を改善
Motorola XT925の実機画像が流出、Droid RAZR HDの国際版?
Sony Mobile、Xperia P / U / sola / goで「6.0.B.3.184」のアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。