ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

細かな違いや使用感がわかる!ありそうでなかった白髪染め体験記サイト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
細かな違いや使用感がわかる!ありそうでなかった白髪染め体験記サイト

白髪染めと聞くと、男性諸氏や若い連中とは関係ないように思える。茶髪や金髪用の染髪剤を使っている若者連中は多いだろうが白髪染めとなると年齢的にぐっと高くなる。

中には若白髪で困っている人もいるかもれないが世間の男性諸氏連中には、あまりなじみがないモノではないだろうか。

その一方で、中年以上の女性にとっては必需品と呼べる商品だろう。そんな白髪染めには、多くの製品がある。初めての人はもちろんのこと、今まで白髪を染めてきた人の中にも、他社の製品がどんなものであるのかが、気になる人がいるだろう。

そんなニーズにこたえてくれるのがまみろう氏が運営している「白髪染め体験記。髪を傷めないで染めることができました。」というサイトだ。

■親孝行の役に立つサイト
筆者の場合、母親が若い時分から白髪が多かったため、小学校6年生以降30年近くずっと母親の白髪を染めてきた経験がある。

それこそ小学校6年から高校生までは二液混合型の白髪染めをずっと使ってきており、子供の時分は二液を混合した時点で発生する硫黄っぽい匂いがとても苦手だったのを思い出す。しかも、手に付着すると中々落ちないため、白髪染めの作業は正直イヤな作業でもあった。

いまでは、染髪剤やヘアカラー、白髪隠しという商品名で様々な種類の白髪染めが売られている。染める方法も、昔ながらの二液混合型であっても液ではなく、クリームになっていたり、混合型のスプレー方式だったりと、染めやすい方法へと進化してきている。

また、二液混合式ではなくヘアートリートメントのような1本のクリームの染髪剤、泡の白髪染めといったような新しい形の白髪染めも登場してきている。

ここまで白髪染めが大量に出てきていると、どれが自分にとって適切な白髪染めなのかをピックアップするのは、かなり難しくだからといって全商品を片っ端から試すというわけにもいかないだろう。

そんなときにおススメしたいのが、「白髪染め体験記。髪を傷めないで染めることができました。」というサイトだ。

このサイトは自分で試さなくても、気になっている白髪染めの実際の使用体験をチェックすることができ、さらに人気の白髪染めランキングもチェックできるのが特徴だ。

筆者は、このサイトを見て知った白髪染めがいくつかあり、その紹介内容から、今度母親の白髪染め時に試してみようと思った次第だ。もちろん、普段自分で髪を染めているという人でも、このサイトは有意義だと思われる。
細かな違いや使用感がわかる!ありそうでなかった白髪染め体験記サイト体験記の内容は、実際の使用感から評価まで細部にわたる。

■辛口評価もそのままの生々しい体験記
さらにこのサイトのすごいところは、体験記を読んでもらえばわかるが「容赦がない」ところにある。巷で人気だから、とか雑誌で紹介していたからとか、その商品を選んだ理由は、それこそ千差万別だろう。ただ、使った感じに関して「自分の使い方がまずかったのではないか?」「もっと合うような人がいるんじゃないか」といった気後れがして、正直な感想を中々言えなかったりするが、このサイトは容赦なく使えなかったら「使えない」とはっきり明記してある。

こうした点は、美辞麗句が並んだステマに占領されている口コミサイトと大きく違うところだろう。

現在でも相当数の白髪染めの体験記を読むことができ、その体験記に基づく総合的な評価から、商品ランキングまで掲載されているので見て損はない。ただ、巷に流通している白髪染めは、それこそ大量にあるので、さらなる商品の充実と体験記の追加に期待したいところだ。

白髪染め体験記。髪を傷めないで染めることができました。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6815469/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。