ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ファンキーなキャラクターたちと共にアナーキーワールドを堪能せよ!『MAX ANARCHY』ゲームレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ファンキーなキャラクターたちと共にアナーキーワールドを堪能せよ!『MAX ANARCHY』ゲームレビュー

『BAYONETTA』などでその名を知られるプラチナゲームズによる、スタイリッシュでバイオレンスでところどころコミカルな乱戦格闘アクションゲーム『MAX ANARCHY』(2012年7月5日発売、PlayStation 3ソフト)が発売されました。

ベヨネッタファンとして期待せざるを得ない作品でしたが、実際にプレイをしてみたらやっぱり「プラチナゲームズ謹製!」という出来でうれしくなりましたね。退廃的な世界で魅力的なキャラクターたちが疾走感のあるBGMに乗ってサクサクサクッとザコ敵たちをなぎ払っていく爽快感、これはたまりません。敵キャラにだって夢も未来もあったかもしれないのに、そんな事全くお構いなしですよ。もうこれでもかってぐらいメッチャクチャにしちゃいます。「人間じゃないから悪くないもん!」という事なのでしょうか。そういうのって……いいですね!

逃亡犯マックスの真相に迫るストーリーモード!

ファンキーなキャラクターたちと共にアナーキーワールドを堪能せよ!『MAX ANARCHY』ゲームレビュー

この作品には主軸となる2つのモードが存在しています。

1つ目はストーリーモード。右腕がチェーンソウに変形する大男ジャックによるBLACK SIDEと影のあるイケメンのレオによるWHITE SIDEがあり、どちらかを選んでプレイします。共通するキーワードは“マックス”。治安維持局の重犯罪者処理班の元リーダーだったマックスに一体何があったのか? ときにスピード、ときにテクニック、ときに戦略を駆使して数々の困難を乗り越えた先に『マックス アナーキー』の真実があります。

楽しみ方は無限大! ネットワークモード!

2つ目はネットワークモードです。いわゆるオンライン対戦モードですね。ストーリーモードがメインで対戦モードはおまけと思われてしまうかもしれませんが、とんでもないです。むしろこちらがメインと言っても良いのではないかというレベルの完成度です。個人戦、チーム戦に加えてスポーツのようなルールの対戦形式まで用意されています。日夜研鑽(けんさん)を積んだ成果を個人戦で発揮するも良し、連携プレイを駆使してチーム戦を制するも良し、特殊ルールのスペシャリストになるも良し、ですね。

キャラクターはプレイヤーの好みに合わせてカスタマイズができます。対戦で使用できるキャラクターやカスタマイズのためのアビリティはストーリーモードとネットワークモードの両方でアンロックできますが、練習も兼ねて先ずはストーリーモードをクリアする事をオススメします。

やり込みを推奨するサポートモード!

攻撃ボタンを連打しているだけでも激しいアクションを楽しめますが、それだけではストーリーモードで行き詰ってしまうかもしれませんし、ネットワークモードでライバルには勝てません。今作には操作方法を一つ一つ解説してくれるチュートリアルモードと様々な練習方法に対応したトレーニングモードがありますので、しっかり練習をしてアクションを手になじませていきましょう。また、超美麗なグラフィックやBGMが堪能できるギャラリーモードもあります。やり込む事で新たな発見もありますのでガッツリ遊び尽くしましょう。

漫画の世界がゲームになった! それが『マックス アナーキー』!

ファンキーなキャラクターたちと共にアナーキーワールドを堪能せよ!『MAX ANARCHY』ゲームレビュー

自分は世紀末救世主世代ですので、ザコ敵がヒャッハー! とか言いながら火炎放射器で汚物を消毒している姿を見ると心がほっこりしてしまいましたね。そしてあのレイジ合戦はもしかして……オラオラでしょうか? 幼少期に見た漫画の世界をそのままゲームにしたような『マックス アナーキー』を、自信を持ってオススメします。

以上、せんとすでした。

<製品概要>
『MAX ANARCHY(マックス アナーキー)』
対応機種:PlayStation 3/Xbox 360
ジャンル:乱戦格闘アクション
発売日:2012年7月5日(木)
価格:7600円(税込7980円)
プレイ人数:1人(オンライン時 最大16人)
発売元:株式会社 セガ
開発元:プラチナゲームズ株式会社
公式サイト:MAX ANARCHY(マックスアナーキー)

(C)PlatinumGames Inc.
(C)SEGA

(ゲームレビュアー:せんとすhttp://game.getnews.jp/a/1013

ゲーム通信の記事一覧をみる ▶

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。