体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『アベンジャーズ』公開直前! フィギュアショップ店長さんに“アメコミ・ファン”ならではの注目ポイントを聞いてみた

アベンジャーズ

『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』『マイティ・ソー』『ハルク』ら「マーベル・コミック」のヒーローが一同に集結する、豪華過ぎるアクション大作『アベンジャーズ』。8月14日(火)の日本公開まで、いよいよ残り4日となりさらなる話題を呼んでいます。

『アベンジャーズ』は、アイアンマンことトニー・スターク、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクことブルース・バナー、『アイアンマン』に登場する女スパイ、ブラック・ウィドウ、ホークアイが人類史上最大の敵の襲来に備えた「アベンジャーズ」として召集されることから始まる物語。

大ヒット映画の主人公が同じ物語に登場する、「盆と正月が一緒に来た」様な『アベンジャーズ』は、既に公開されている全米でメガヒット中。ついに歴代全米興行収入ランキング第2位を記録しています。

『アメイジング・スパイダーマン』『ダークナイト・ライジング』とアメコミ大作が次々と公開される2012年において、アメコミファンが最も待ち望んでいたと言えるのが、この『アベンジャーズ』。

今回は、東京・恵比寿にてアメコミ作品のフィギュアをはじめ、多数のUSAトイを扱うショップ「モンスタージャパン」の店長・西木さんに『アベンジャーズ』の“アメコミ・ファン的”楽しみ方を伺いました。

フィギュア版“アベンジャーズ”も結成。こちらも要チェックです!

アメコミ・ファンが約5年待ち続けた『アベンジャーズ』

アベンジャーズ

――今回いち早く映画『アベンジャーズ』をご覧いただいて、もう見所だらけでどこから感想を伺えば良いのか……という感じではありますが、率直な感想はいかがですか?

西木さん(以下、西木):映画が始まる直前まで「遂に観れるんだ……!」と緊張してしまいました。アメリカをはじめ、諸外国では既に公開されていて、毎日の様に興行収入、観客動員数の記録が更新されて、どんどん期待が高まって楽しみで仕方ありませんでした。

『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』などそれぞれの作品で活躍していたヒーローが集まるというだけで考えられないくらい豪華なのに、ストーリーも最初から最後まで目が離せない展開が続いて、大満足です。

――『アベンジャーズ』の映画化計画は、『アイアンマン』の大ヒットをきっかけに2008年頃からはじまっているそうですから、アメコミ・ファンにとってはまさに待ち望んだ公開と言えますね。

西木:『アベンジャーズ』映画化のニュースが届いてからは、「どのヒーローが登場するのか」「どの俳優が演じるのか」「監督は誰が務めるのか」と予想合戦がはじまりました。

『アイアンマン』(2008)以降、『アイアンマン2』(2010)、『インクレディブル・ハルク』(2010)、『マイティ・ソー』(2011)、『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)と、「ニック・フューリー」のカメオ出演が続いて、どんどん期待が高まっていましたからね。1年に1作品、2作品と進んできたプロジェクトであり、何年も綿密に計画されていた映画だからこその仕上がりと感じました。

――なるほど。その中で、ジョス・ウェドン監督も『トイ・ストーリー』の脚本執筆など、どちらかというと脚本、執筆家としての活躍がメインで、今回の起用は大抜擢と言えますよね。

西木:この様な大きな作品を担当するというのは相当なプレッシャーがあったと思います。ジョス・ウィードン監督はアメコミの原作を書いていたり、とにかくアメコミが大好きでキャラクター愛があるので、作家性というよりも原作に則した描写が出来る人であったのが成功のポイントなのではと感じます。ファンが「このシーンが観たい!」と思ったツボをおさえてくれているというか。

とにかく大迫力! でもキャラクターそれぞれのドラマも描かれている

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。