ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫好き必見ニャ! 斬新プロジェクト「猫付きマンション」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨今、ネットでもリアルでも、ダントツの人気カテゴリーとなっているネコ
去年あたり話題になった「日本初のネコ付きマンション」は、ネコ好きさんの中でご存知の人も多いのではないでしょうか?
引き取り手のないネコを保護、管理する団体「NPO法人 東京キャットガーデン」の、活動の一環として出来た「ネコ付き賃貸マンション」。
どのような賃貸物件かというと……ずばり、入居時からすでにネコちゃんがいて一緒に暮らせるというもの。なるほど、ネコは人でなく家につくと言いますからね。
 

『やむを得ない事例で、飼い主さんの責任とは言いがたい』ケースに関して、何らかの手が打てないかと『成猫のお引取りと再譲渡事業』などの救済策として立ち上がったプロジェクトです。

その斬新発想とほんわかした珍物件で話題を呼びました。
「ネコを飼いたくても住宅事情で飼えない」「育てるのが初めてで不安」など、求めたい人と応えたい人の利害が一致したシステムだったんですね。数部屋あったネコ物件にはすでに入居者が決まり、楽しいネコライフを送っているそうです。
また、東京キャットガーデンでは里親を探しやすいよう開放型の「ネコシェルター」を東京、大塚と、西国分寺にオープンしてます。
ネコシェルターは里親を待つ猫たちの譲渡会場、猫カフェ、猫関連グッズのショップの機能を兼ねたオープンスペース。
フリードリンク制でゆったりとくつろげる、パートナーネコとの出会いの場です。里親になる方も、ネコちゃんも、充分bに触れ合ってからお互いに心を決めたいですよね。もちろんネコと触れ合うだけでもOK。
利用料金はフリーですが、500〜5000円程の寄付金をお願いしてるのだそう。金額によってどのくらい子ネコのごはんやお薬が買えるのか、の目安表があります。気持ちと相談してみてはいかがでしょうか。
保護されたネコ達の中には、健康で元気でない場合も多くあります。また、行き場を失ったペットが殺処分される事情はまだまだ解決できてない問題です。1匹でも多くのネコを保護、管理できるよう寄付金や支援物資も随時お願いしています。
人とネコの繋がりを健全にとりもってくれる、それが東京キャットガーデンの活動理念のようです。
photo by Thinkstock/Getty Images
NPO法人東京キャットガーデン
(スピたま)



(マイスピ)記事関連リンク
痩せてはいけない!? 男性のテンションを下げる体型
夏の強い紫外線対策に! 「トマトとアンチョビのケーキ寿司」[恋活レシピ]
仕事のできる30代「元モテ」女性! ふと気づくと後天性面倒女を発症している!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP