ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝る1時間前からスマートフォンの操作しないよう医師が提言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 とにかく蒸し暑く、過ごしにくい日本の夏。熱帯夜のせいで眠れないという人も少なくないだろう。All About睡眠ガイドで、富山県の雨晴クリニック副院長の坪田聡さんは、快適に眠るための環境について、こう解説する。

「温度26℃、湿度50%が快適と感じる寝室の目安。エアコンや扇風機を上手に使って、寝る時の環境をこれに近づけてみましょう」(坪田さん)

 寝室環境を整えることは、特に“眠りが浅い”人に有効、というのは内科・皮膚科医の友利新さん。

「寝入ってから2~3時間を快適にすることで眠りは深くなりやすく、夜中に起きてしまうことが少なくなるでしょう。汗を吸いやすい素材のパジャマやシーツ、自分に合ったマットレスや枕を選ぶことも大切。寝づらいと感じる状態をできるだけ解消することです」(友利さん)

 さらに友利さんは、こんな指摘も。

「ケータイやスマホを操作する人が多くなったことが、不眠に悩む人が増えた一因になっていると考えられます」

 テレビやパソコン、ケータイやスマホの液晶画面に使われる青い光(LED=発光ダイオード)が目を刺激して脳を活性化させてしまうのだ。

 これは、睡眠と深くかかわる自律神経の働きに関係する。自律神経は、交感神経が優位になれば活動的になり、副交感神経が優位になればリラックスするが、LEDは交感神経を活性化してしまうのだ。

「うまく寝付くには副交感神経の働きを高めて体をリラックスさせることが大切。寝る1時間前には画面を見るのはやめましょう」(友利さん)

※女性セブン2012年7月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
健康な生活をするには21時に就寝し6時起きで湯たんぽを使う
内科医「免疫力高めたい中高年にはジョギング・筋トレはNG」
季節の変わり目に風邪を引きやすいのは自律神経不安定だから

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP