ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【韓国ニュース】韓流コンテンツは韓国国外では売れていないのか? 韓国ネットユーザーから落胆の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6日、韓国のクイズ番組「一億クイズ・ショー」で出題された問題の解答が、韓国ネット掲示板で話題になっている。

同番組は、韓国版「クイズ$ミリオネア」とも言うべき、生放送の国民的クイズ番組で、番組では、「ゲーム、音楽、映画、図書のうち、最も海外輸出利益を上げているものは?」という問題が出題された。

韓国といえば、K-POPや韓流ドラマが隆盛がメディアでもたびたび取り上げられるが、解答は意外にも「ゲーム、図書、音楽、映画」の順番だという。

また、韓国のゲーム輸出規模は2兆ウォン(1500億円)を超えており、音楽、図書、映画を全部合わせてもゲーム輸出規模の半分にも達してないことが判明したのだ。

韓国のネット掲示板「Ruliweb」には、番組放送後、「誇大宣伝の弊害だ。音楽の輸出が一番多いと思ったが、現実は図書以下か…」「音楽・映画業界は一見、潤っているように見えるが、誇大宣伝のバブルに過ぎなかったようだ」「日本人留学生と話してみたが、K-POPは、わずかな有名グループしか知られていないのが現状」など、落胆した韓国ネットユーザーの書き込みが多く寄せられた。

【関連記事】
「ゲームは1日2時間まで」が法的に?「学校暴力根絶総合対策」
グリーはなぜ米国で成功しつつあるのか? GREE International青柳CEOに聞いた
7月2週目韓国オンラインゲームランキング

(http://news.livedoor.com/article/detail/6765528/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP