体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルパカ牧場に行ったけど損した気分! 人気情報サイト『らばQ』記者が涙

oya-arupakano-yousuga

アルパカといえば、フワフワした毛並みとノンビリとした表情、そしてキュートでつぶらな瞳がカワイイ動物だ。日本でもアルパカを見ることができ、特に人気のあるアルパカ牧場は『那須アルパカ牧場』のようである。

テレビCMの「ミラバケッソ」でもお馴染みのアルパカたち。やっぱりフンワリふわふわのアルパカを求めていく観光客は多いはず。しかし、人気情報サイト『らばQ』の記者が休暇でアルパカ牧場に行ってみたところ、アルパカがいない……。どうしていないのか? いや、実際はワンサカいたのだが、毛が刈られていてアルパカに見えなかったのだ! つまり、ふわふわアルパカが、ショボーンアルパカになっていたのである

ふわふわアルパカを期待していた『らばQ』記者は、「うん、いや、仕方ないですよね、暑いですし。でも何か釈然としないのはなぜなんでしょう…」と、ショボーンアルパカを見てショボーンな状態に。ふわふわアルパカを見に行く時期は、ちょっと計画的に考えたほうがよいかもしれない。

しかし『那須アルパカ牧場』ではアート・パカという、ある儀かの毛を刈って芸術的な模様にするというオモシロいイベントを開催しているようだ。芸術的な模様に刈ったり、ケータイやパソコンのメールで使われるような顔文字のようなデザインに刈ったりして、観光客を楽しませているという。

重ねて言うが、ミラバケッソなアルパカがいるかどうか、今後はアルパカ牧場に問い合わせをしてから行ったほうがいいだろう。まあ、ふわふわしていないアルパカを見る機会も少ないので、幸運といえば幸運か?

写真: らばQ

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会