体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!革新的に変わったHTCのカメラ機能を試す【レビュー】

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!革新的に変わったHTCのカメラ機能を試す【レビュー】


今度のHTCはカメラ機能が超スゴイ!
グローバル市場では4月に発売されているが日本向けには発売されていないモデルとなる「HTC One V T320e」(以下、HTC One V)は、Android 4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したミッドレンジクラスのHTC製スマートフォンだ。

これまでのレビュー記事
第1回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!写真で外観チェック【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第2回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!ソフトバンクの「HTC Desire X06HT」と比較した【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第3回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!多少もっさり?ベンチマークを計ってみた【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第4回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!初期設定の方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第5回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!海外のスマートフォンを簡単に日本語化する方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第6回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!スクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ

HTC製端末において今回のグローバル市場向けモデル「HTC Oneシリーズ」からカメラ機能と音楽機能がかなり強化されている。筆者もその点を期待していたのだが、実際に使ってみると期待以上の仕上がりとなっていることを実感した。カメラについては2回に渡ってレビューを行うことにするが、まず今回は機能や操作方法などをレビューする。

これまで通り、上位モデルの「HTC One S」や「HTC One X」に加え、HTC Oneがベースとなっている国内向けモデル「HTC J ISW13HT」も同等の操作、仕様となっているので参考にしてほしい。

■サッと取り出してすぐに撮影
HTC One Vにプリインされているカメラアプリをタップして起動する一般的な操作に加え、ロック解除画面に配置されたアプリアイコンをリングに移動することですぐにアプリケーションを起動することが可能だ。つまり、カメラの起動時間を短縮させることができる。

Screenshot_2012-06-29-22-19-27

ロック解除画面に表示されている4つのアイコンはすぐに起動できる

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。