体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100年の未来に伝えるお寺の芸術 『お寺座LIVE』の善巧寺が天井画を新調

100年の未来に伝えるお寺の芸術 『お寺座LIVE』の善巧寺が天井画を新調

100年、200年の未来までお寺に残る芸術を――『お寺座LIVE』で知られる、富山の善巧寺が130年ぶりに本堂の天井画を新調されました。天井画を描いたのは、富山の日本画家で現代アートも手掛ける清河恵美さん。富山県のシンボルである立山連峰を360度のパノラマで描き、その中心には深く吸い込まれるようなブルーの世界、そして立山連峰の周りには、色鮮やかな28枚の富山の花たちが配置されています。約1年半をかけて制作された天井画について、善巧寺住職・雪山俊隆さんにお話をうかがいました。

――今回、本堂の天井画を新しく作られたのはどうしてですか?
うちの本堂は、約130年前(明治14年)に建て替えたものなので、壁や天井がかなり傷んでいたんです。今年は親鸞聖人の750回忌に当たるので、これを機に修復事業をしようということになって。今回の修復事業では、土台や床、壁など見えない部分の修復が多いんですけど、何かひとつ目で見てわかる後世に残るものが出来ないかと思い、天井画の新調を提案しました。

天井画を依頼した日本画家・清河恵美さんは、実は同じ村にお住まいの方なんですよ。僕自身も恵美さんの作品が好きですし、お参り先のお宅でも恵美さんの絵を見かけることが度々あって、いろんなご縁のある方なのでお願いすることになったんです。

――同じ村にいらっしゃったんですね! 清河さんはどんな作品を描かれる方ですか?
僕たちは「恵美さんブルー」って呼んでいるんですけど、こちらの想像力をかきたてるような深い青色が印象的です。掛け軸に地球を描いた作品など、和と洋、現代と古典が融合されていて、入りやすくて奥深いです。うちにピッタリだと思いませんか?

――天井画のコンセプトはどんなふうに決められたのでしょう。
信頼する作家さんには、その人の魅力を存分に発揮していただきたいので、強い制約は作らずに基本お任せです。でも、恵美さんのほうにはお寺に安置するとなると構える部分もあったようです。ふたりで他のお寺さんの天井画を写真で見たりしながら相談しました。まず中央に描く絵のイメージを聞かせてもらった時に、「これは素晴らしいものが出来る!」と思いました。

――「恵美さんブルー」と呼ばれている世界ですね。

そうそう。全部で248枚あるのですが、中央にブルーの抽象的な世界観が大きく広がっています。その周りを、積雪した白い立山連峰を360°のパノラマが描かれていて、鳳凰と共命鳥が飛んでいます。お寺の内陣の飾り付けには、天女や龍、極楽浄土の鳥たちがモチーフとしてよく使われるのですが、この二羽の鳥を「しっくりくるね」と選んでくださいました。

『お寺座LIVE』の富山・善巧寺 清河恵美氏による天井画を新調

――お花のパネルはすごく色づかいが鮮やかで。画像で見ているだけでもドキっとします。
恵美さんが描く花の絵は、すごく生き生きした印象があって人気が高いんですよ。天井画には、「せっかくなら富山に咲く花を」と選んで描いてくれました。結果的に、富山にとってなじみ深い立山連峰、富山の花を富山の作家さんが描くという、富山のお寺ならではの天井画に仕上がりました。

お寺の本堂は、中央部分の左右に「余間(よま)」という空間があるのですが、余間の天井は以前の天井と同じく寺紋の桔梗を配置しています。

――仕上がりを見て、雪山さんのご感想はいかがでしたか?
最初に完成イメージをいただいているんですけども、やはり実際にできあがってみないとわからないところもあったんです。でも、仕上がったものを見ると、極彩色のインパクトと大きさに圧倒されました。作品の素晴らしさはもちろん、富山の善巧寺ならではの天井画に仕上がったことに大満足です。そして、それが本堂の中で浮いていないことにお寺の懐の広さを再確認しました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会