体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

峰不二子に勝るとも劣らない、スタイル抜群の“イイ女”が映画デビュー

峰不二子に勝るとも劣らない、スタイル抜群の“イイ女”が映画デビュー

ジェネシス・ロドリゲス
© 2012 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. 写真一覧(3件)

 一昨日の27日、アニメ化40周年を迎え、27年ぶりに製作されたTVシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』が最終回を迎えた。新シリーズでは、“イイ女”の代名詞ともいえる紅一点の「峰不二子」を初の主人公に迎え、原作漫画にリスペクトを寄せた、エロスに溢れ、ハードでキケンな「ルパン三世」の世界を再現。監督は「ルパン三世」史上初の女性監督となる山本沙代が務め、「趣味はセックス遊び、クレイジーでクールな刹那主義者」という峰不二子が描かれた。

 当然ながら、峰不二子は架空の人物であり、実在はしない。来年2月には、長澤まさみによって『ルパン三世:外伝~峰不二子は三度、死ぬ』(仮題)が実写化されるとも一部で報じられているが、峰不二子と言えば、バスト99.9cm、ウェスト55.5cm、ヒップ88.8cmのダイナマイトボディ。ネットユーザーが考えた配役では、真木よう子、藤原紀香、米倉涼子、片瀬那奈、小池栄子、杉本彩などの名前が挙がっている。

峰不二子に勝るとも劣らない、スタイル抜群の“イイ女”が映画デビュー そんな中、峰不二子に勝るとも劣らない、抜群のスタイルと勝ち気な性格をもつ一人の美女が映画デビューを飾る。彼女の名前は、ジェネシス・ロドリゲス。7月7日より公開となる映画『崖っぷちの男』でサム・ワーシントン演じる“崖っぷちの男”ニック・キャシディと共に“ある計画”を遂行する。

 ジェネシスが演じるアンジー・ロペスは、ニックの弟ジョーイの彼女だ。ネタバレになるので詳しくは言えないが、“ある計画”の最中ピンクの下着姿を披露する着替えシーンがあり、その抜群のスタイルに男性諸君は目を奪われるに違いない。予告編では一瞬だが、そのシーンが映し出されているので、まずは特集ページ上部の動画をチェック。

峰不二子に勝るとも劣らない、スタイル抜群の“イイ女”が映画デビュー ジェネシスは自身が演じたアンジーについて「私の役のアンジーは、作戦を成功させようとがんばるの。ドキドキして不安なんだけどわくわくもしてる。でも、こういうことをするには度胸がいるわよね。実際は、自分の作戦ではないの。恋人の兄を救うんだから、本当は自分には関係ないんだけど、作戦に加わっていたいの。彼女は頭の回転が早くて、生きる術を知ってる。アンジーを演じるのはほんとに楽しかったわ。彼女はいつも元気でパワフル。ジョーイと常に走り回っているの。本当に演じるのが楽しかった。」とコメント。最後に日本のファンへ向けて「早く日本に行きたいです。」とメッセージを述べているので、今から首を長くして待つとしよう。

 本作にちなんで、MOVIE ENTERの特集ページでは“崖っぷち度”診断を実施中。診断結果をツイートしてくれた方には、抽選で1名様にiPad(16GB、ブラック/ホワイトのいずれか)をプレゼント。

『崖っぷちの男』特集
峰不二子に勝るとも劣らない、スタイル抜群の“イイ女”が映画デビュー

(http://news.livedoor.com/article/detail/6707194/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。