体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

先日Eちゃんというスレンダー美女と飲んだ。
クールビューティな見た目のEちゃんはメガネをかけて女教師のコスプレなんかやったらさぞ似合うと思う。

Eちゃんは私と同い年の30歳。まだであって会うのは3回目なので、2人で遊んでもっと仲良くなってやろうという魂胆である。仲良くなって、あわよくば殿方の一人や二人紹介してもらおうという下心も10%ほどあったりする。

Eちゃんは残念ながら負け美女ではないが(残念ながらっつーのもおかしいけど)、美女には変わりない。
ので、酒のつまみに最高な“変な口説き方してきた男の話”を聞いてみることに(美女は大概テッパンの口説かれ話を持ってるものである)。

それは3年前。
Eちゃん、とあるクラブに遊びに行ったそうな。

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

すると、上下グリーンのスーツを着た変な男がやたらと女たちにチヤホヤされていた。

顔も別にかっこよくないし、グリーンのスーツもキモイし、別にDJってわけでもないし、おっさんだし、なんでちやほやされてるんだろう? とEちゃん不思議に思うもスルーして、友達と合流。
踊るわけでもなく、友達と一緒にお酒を飲んでいた。

しかし、30分くらいして、グリーンの男がEちゃんのもとへやってきた。
一番綺麗な女の子が自分のところに来ないのが癪に障ったのだろうか。

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

「ねえ? 一緒に飲もう? ね?」

と上下グリーンが話しかけてくる。
オッサンの語尾を上げた話し方がキモイのを堪えていたら

「名前、なんていうの? 何の仕事してるの?」
と聞いてくる。

「Eです。仕事はアパレル系です」
と普通に返事をしたEちゃん(クラブだったら聞こえないフリしてシカトすればいいのに!)。

「へえ~Eちゃんって言うんだ~、へえ~、アパレル系なんだ~」
と上下グリーンは言うも、そこで会話が途切れる。

そのまま沈黙で気まずい空気が3分ほど流れるも、上下グリーンは話しかけるわけでもなく、Eちゃんのことをずっと見ている。

「この男は何がしたいんだ…………」
Eちゃん、呆れてどこかに行こうとしたら、上下グリーンがやっと話し出した。

「あ、俺、Dって言うんだ」

………………。

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

「あ、もしかして俺のこと知ってる?」
何を言ってるんだ……。
「いえ、知りません」
とEちゃんが言うと……、

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

「あーそっか~、そっちのタイプか~」

なんじゃそりゃ。
「人間は2つに分かれる。Dを知っているタイプと、Dを知らないタイプだ」
みたいな格言でもあるのだろうか。

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

「ごめんごめん、俺『○○』って本を書いた作者なんだ」
Eちゃん、それでもわからなかったらしい。

急に調子こきはじめた男の口説き方(犬山紙子のイラストエッセイ)

「あの、すいません、失礼ですがその本も知らないです」
とはっきり言ったら

1 2 3次のページ
犬山紙子の記事一覧をみる

記者:

「犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女」というブログをやっています。イラストエッセイ・写真ネタ・漫画のブログです。 人の恋愛を根掘り葉掘り聞いてゲスくご紹介。 そのほか、過去にあった変な話や人 最近のおもしろかったこと なんかを描いております。 友達の美女達のエッセイをまとめたブログエッセイ本「負け美女」、好評発売中! http://p.tl/xeOL 買ってくれた人は神! ツイッターはコチラ inuningen http://twitter.com/inuningen

ウェブサイト: http://corokkecorokke.at.webry.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。