体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleによるIM「Mozc」を使う Ubuntuの日本語入力を改善【デジ通】

GoogleによるIM「Mozc」を使う Ubuntuの日本語入力を改善【デジ通】

WindowsやMacOS XといったメジャーなOS以外の例えばLinuxディストリビューションなどを使う際に問題になるのは、各種アプリが充実しているかどうかに加えてIM(Input Method:日本語入力ツール)の問題がある。

Ubuntu(ウブントゥ)などのLinux環境では、かつてはCanna(カンナ)やWnn(ウーンヌ)などが使われていたが、変換効率ではMicrosoftのMS-IMEやJustsystemのATOKには遠く及ばない。今回は、日本語環境を改善する方法だ。

■標準では「Anthy」が付属
Ubuntuには、標準で「Anthy」(アンシー)というIMが付属する。フリーであり非常に軽快に動作する。ゆえに、別途IMをインストールする必要性はないようにうも思えるが、残念ながら変換効率が悪くWindowsの日本語入力に慣れた人は、かなりストレスを感じてしまうだろう。例えば「この問題を首尾よく解決するには」と入力しようとすると、「子の問題を守備欲界ケツするには」となり、いかにも「トホホ」な感じになってしまうのだ。

なお商用では、Justsystemが「ATOK X3 for Linux」を販売している。ATOK 2007をLinuxに移植したものなのでかなり優秀だが、ダウンロード版でも7,350円と安くはない。やはり、無償で使えるLinuxらしく日本語入力もフリーで環境を構築したいと思っている人も多いはずだ。

■Googleの「Mozc」が使える
そこで使いたいのが、Googleが開発している「Mozc」(モズク)だ。

Mozcは、Windows、MacOS X版がある「Google日本語入力」のオープンソース版。もともとは、同社の開発するLinuxベースのOSである「Chrome OS」への対応を目的としたものだ。

ただし、Windows版などとは異なり、Google検索のアルゴリズムを反映させた辞書データは使われていない。このため、ネット上の流行語などの変換では劣るものの、それでもかなりすぐれた変換効率を実現している。

■インストールと設定は簡単
Mozcのインストールは簡単だ。「Ubuntuソフトウェアセンター」でMozcを検索すると、「Mozc engine for IBus」が見つかるはずだ。ここから「インストール」をクリックしたら、パスワードをタイプするだけだ。

再起動し、画面上部のバーにあるキーボードのアイコンをクリックして「設定」を選ぶ。開いたダイアログで「インプットメソッド」タブを選び、「使用するインプットメソッドをカスタマイズ」にチェックを入れる。

さらに「Mozc」を選んで「上へ」をクリックし優先順位を上げておく。これでOKだ。

さて、Mozcで先の「この問題を首尾よく解決するには」を試したところ、一発で意図通りに変換できた。

デスクトップでの使用時はもちろん、USBメモリでUbuntuを持ち歩くような際にも、Mozcをインストールしておくとよいだろう。

Ubuntu Japanese Team

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6706704/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy