体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人類を創ったのは“神”でも“進化論”でも“DNA”でもない

人類を創ったのは“神”でも“進化論”でも“DNA”でもない

写真拡大

プロメテウス
© 2012 TWENTIETH CENTURY FOX

 『エイリアン』『グラディエーター』など映画史上において幾多の金字塔を打ち建ててきた、生きる伝説リドリー・スコット監督が満を持して放つ最新作『プロメテウス』(8月24日公開)。人類はどこから来たのか?―― 巨匠自らのアイデアを基に、人類史上最も深遠にして根源的なテーマであり、我々人類の永遠なる疑問<人類の起源>に挑んだ、3D×究極のエピック・ミステリー超大作だ。

 その全貌は依然として謎に包まれたままだが、明日6月30日(土)からは特典グッズ付前売り券第2弾が、全国先着20,000名限定で開始される。その特典内容は、まさに“謎”に包まれている。特典には「決して開けてはならない。」と記されており、一部を除き関係者さえも詳細・中身を一切明かされていない。

 同日より全国の主要劇場で登場する日本版予告第2弾も初解禁。「人類を創ったのは“神”ではなく、“進化論”でもなく、“DNA”でもないのか?」のナレーションとともに、今まで明かされていなかった衝撃的なシーンと、圧倒的な映像美の連続。スコット監督も「映画を観終わったとき、観客はまったく予想もしなかった世界を経験しているはずだ。」と語っており、「“人類の起源”を検索してはいない」というメッセージが意味深だ。

映画『プロメテウス』オフィシャルサイト
『プロメテウス』ミステリーキャンペーン

■関連記事
リドリー・スコット監督最新作で謎だらけのキャンペーンを開始
剛力彩芽、ハリウッドデビューするものの「セクシーな声はダメ」
ノオミ・ラパスかシャーリーズ・セロンか、『プロメテウス』のワールドプレミアでドレス対決
人類誕生の謎が明かされる! 宇宙に飛び出した科学者が見たものとは
映画界の“生きる伝説”が人類の起源に迫る

(http://news.livedoor.com/article/detail/6703745/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。