体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】

スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】

2048×1536ドットの高精細なRetinaディスプレイを搭載して世間をあっと言わした新しいiPad。その流れは、MacBook Pro搭載へと拡大し、今後はRetinaディスプレイが標準化していきそうな勢いだ。デスクトップパソコンにも遜色ない新しいiPadの高精細かつ高解像度のディスプレイを活用したいのであれば、やはりキーボードは欲しいというユーザーも少なくない。

ソフトウェアキーは、確かに手軽だが、画面の一部をキーボードが占めるため、作業性を犠牲にしてしまう。ハードウェアキーボードであれば、全画面を作業確認に使いながら、キー入力が行える。

ただし、iPadを水平に置いてキーボードを使うとなると真上から見下ろす感じになってしまい、これまた使い勝手が悪くなってしまう。ノートPCのようにディスプレイ部分を違和感ない角度で起こすことができれば、さらに使い勝手は上がるはずだ。

まさにそういった使い方ができるのが今回紹介する「BT KEYBOARD SHELL for iPad2 & iPad3」である。

■iPadをオシャレに収納できるフェイクレザーカバーはスタンド兼用
この商品、その名(BT KEYBOARD )が示す通りのBluetoothキーボード(アップル配列、英語キー、Bluetooth 3.0対応)とレザー調のiPad用ケースとをセットにした製品だ。iPad用ケースは、スタンドを兼ねており、角度を自在に調整できるようになっている。iPadを収納する部分はフレームがケースと同色になっているためホワイトかブラックかに関係なく違和感なく収まるのもうれしい。ホームボタン部には操作できるように切り欠きが設けられマイク部分も同じサイズの穴が開けられており操作の邪魔にならないようになっている。

スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】iPadを保護できるレザー調のカバー。しかもスタンド兼用になっている。 スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】カバーを開けると収納されているiPadとキーボードが顔を出す。 スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】カバーを開けて、このように起こしたら角度も自由に調整できる。

■キーボードはアップル配列の英語キー、iPadをセットしたままカメラも利用可能
付属するBluetooth 3.0キーボードは、QWERTY配列の英語キーだ。Windowsユーザーには見慣れないCommandキーやOptionキーがあるところからもアップル用であることがわかるだろう。キーボードはプラスチック製だが、ヘアライン加工がされて重厚感を出しているので高級感もあり、マグネット式でケースとの着脱も簡単にできるようになっている。なおケースの背面側にはカメラ用のホールが設けられており、ケースに収めた状態でもカメラが使えるようになっている。

キーボードには充電式バッテリーが内蔵されており、iPadから10m以内であればワイヤレスで使用できる。省電力なBluetooth 3.0により、スタンバイモードで約60日間、連続使用で約30時間の動作が可能となっている。

スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】QWERTY配列の本格的な英語キーボード、当然アップル配列だ。 スタンド&カバーにキーボード! iPadを使い倒せるガジェット登場【イケショップのレア物】ケースにセットしたままカメラが使えるようになっている。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。