体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!スクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法【レビュー】

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!スクリーンショット(画面キャプチャ)を撮る方法【レビュー】


画面表示を保存しよう!
グローバル市場では4月に発売されているが日本向けには発売されていないモデルとなる「HTC One V T320e」(以下、HTC One V)は、Android 4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したミッドレンジクラスのHTC製スマートフォンだ。

これまでのレビュー記事
第1回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!写真で外観チェック【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第2回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!ソフトバンクの「HTC Desire X06HT」と比較した【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第3回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!多少もっさり?ベンチマークを計ってみた【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第4回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!初期設定の方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ
第5回:海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!海外のスマートフォンを簡単に日本語化する方法【レビュー】 – S-MAX – ライブドアブログ

6回目となる今回はスクリーンショットの撮影方法を紹介する。スクリーンショットとは、表示されている画面を画像ファイルとして保存できる機能のことで、Android OSはバージョンが4.0からこのスクリーンショットが標準で撮影できるようになった。

HTC One Vも例外ではなく設定などしなくても最初からスクリーンショットを撮ることができる。ブラウザやメールの画面ではメモとしてゲーム画面ではプレミア画面などを記念に撮影するといった使い方ができる。

今回もレビューの4回目5回目と同様に上位モデルの「HTC One S」や「HTC One X」にも適用できる操作となるので参考にしてほしい。

120624_htc_one_v_ss_02_960

電源キーと上下キーの下ボタンを同時に押すだけ!
HTC One Vでは、本体上部の電源キーと本体向かって右側面に搭載されている上下キーの下ボタンを同時に長押しするとスクリーンショットが撮れる。撮影に成功すると「カシャ」というシャッター音と撮影した画面がアニメーション表示され、撮影できたことが分かるようになっている。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会