体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一夜限り!広末涼子ら出演の懐かしいドコモCMがオンエア

一夜限り!広末涼子ら出演の懐かしいドコモCMがオンエア

懐かしのドコモCM

 「ブルった?」この言葉を聞いて、ピンと来る人はいるだろうか。1994年に放送されたNTTドコモのテレビCM「葉月、ブルった?篇」から流行した言葉だ。そんな懐かしのドコモCMが、7月1日夜9時よりTBSで放送されるドラマ『夢の扉 特別編「20年後の君へ 」』でオンエアされることが決定した。

 「夢の扉」は、2004年10月から放送を開始したNTTドコモが提供するヒューマンドキュメンタリー番組。ナレーターに中井貴一、坂口憲二、向井理を迎え、いろいろな視点から未来を見つめ、世界各地に現在進行形で行動している“挑戦者”たちを紹介している。

 今回、ナレーターを務める3人は、NTTドコモ創立20周年を記念するスペシャルドラマに出演する。常に時代の先端をいくNTTドコモが、様々な“夢の扉”を開いて来た実在の人物や団体に着想を得たスペシャルドラマで新たな扉を開く。

 オンエアされる懐かしのドコモCMは、これまで作ってきたCMの中から珠玉の名作をセレクト。1992年に放送されたサザンオールスターズ出演のドコモ誕生「誕生替歌篇」や、初お披露目となる新作CMがドラマの間に一夜限りで特別にオンエアされる。広末涼子がハミングしてはしゃいでいるCMも放送予定だ。懐かしのCMを見れば、端末や機種、サービスといったドコモの歴史を堪能することができる。

 ポケベル世代にとっては「懐かしい」、物心ついた時から携帯電話がある世代にとっては「こんな時代があったの?」と、それぞれの視点でCMを楽しむことができるだろう。

 NTTドコモは、“夢をおいかける人たちを応援する~KEEP ON DREAMING”をコンセプトとした、2012年夏のキャンペーン「ドコモthanksキャンペーン」を実施中。本キャンペーンのテレビCMには、桑田佳祐の新曲「愛しい人へ捧ぐ歌」が起用され、桑田本人が出演している。この楽曲は、今回のドラマの主題歌としても使用される。

 NTT ドコモ20週年スペシャルドラマ『夢への扉特別編「20年後の君へ」』は、7月1日(日)夜9時より全国TBS系で放送。

NTTドコモ20周年スペシャルドラマ『夢の扉特別編 「20年後の君へ」』 – 公式サイト

【関連記事】
“夢を追う”子供と“夢を諦めさせる”親の気持ち
桑田佳祐の歌が家族の“夢の扉”を開く

(http://news.livedoor.com/article/detail/6702932/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会