体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【増税翼賛国会】消費税増税法案反対討論(みんなの党代表 渡辺喜美)

みんなの党代表、渡辺喜美であります。増税法案に大反対の立場から討論をいたします。

議場を見渡すと約8割以上が 増税翼賛議員になろうとしてるじゃありませんか。おぞましい光景ですよ。1930年代の凖戦時体制のもとで、政党内閣制は崩壊をいたしました。選挙の洗礼を受けない官僚内閣制が完成し、後に大政翼賛体制が確立、官僚ファシズムが横行いたしました。

まさに今、国会が増税官僚のシナリオに乗って、日本政治史の一大汚点をつくろうとしています。 民主党は、選挙で国民に約束したことは守らない。政権交代後、3人目の総理大臣になったら、官僚の腹話術で喋る人形と化し、マニフェストに書いてないことに命を懸ける。

今や、第二自民党内閣であり、選挙の洗礼を受けていない増税官僚内閣、国民に対するうそつき内閣と言えるでしょう。 国会は、官僚の決めた増税の追認機関になろうとしています。増税官僚は、自分たちの思い通りになる野田総理、谷垣総裁のゴールデンコンビのいるうちに増税をやらせようと画策をした。まさに千載一遇のチャンス。そして民自公の三党談合で全てが決まるようになった。

もともと社会保障・税の一体改革とは、社会保障の薄い皮で増税のあんこを包んだ薄皮饅頭でした。でも野党自民党を使った官僚の腹話術で、最低保証年金制度、後期高齢者医療制度の廃止、給付つき税額控除の導入、歳入庁創設が全て事実上の撤回ですよ。増税のあんこしか残っておりません。

欧州金融危機の最中、消費税増税決定は、1997年アジア通貨危機と日本の金融危機が重なったときと類似いたします。消費税増税など9兆円の負担増に加え、国会では財政構造改革法という目先の赤字国債を減らす法案を通しました。結果として同法は金融パニックとデフレ突入で翌年には御破算になったんです。

増税の前にやるべきことがあるだろう。

まず震災復興と原発事故対応です。そして、みんなの党はデフレ脱却で名目4%成長を達成する。議員、公務員が身を削り、国のへそくりはき出しと、天下り根絶を訴えます。社会保障制度は所得の再分配であります。 逆進性の高い消費税を使うべきではありません。歳入庁をつくって所得税の体系の中で再分配をやるのが王道です。 

みんなの党は結党以来、消費税は全額地方の財源にすべきと言ってまいりました。官僚統制、中央集権体制を打破するには、これが一番手っ取り早い方法だからです。野田総理が政権交代前に言っていたシロアリ退治は、どうしたんですか。公務員の身分付き天下りである現役出向は全面解禁。天下りシロアリ城は、ますます強化をされた。特別会計のへそくりは、相変わらずシロアリの餌になっている。うそつき増税をやっても平気なんですか。

民主党、自民党の心ある人たちに申し上げます。派閥の前に党がある。党の前に国家・国民がある。国会議員は全国民の代表です。誰の代理人でもありません。自らの信念に従って行動し、国民の付託に応える政治的義務を負っている。これは政治道義上の至上命令、すなわち義命であります。国民に約束もしていない消費税増税法案に賛成しようという民主党のみなさん、あなた方は国会議員として恥ずかしくないのか。今からでも遅くはない。党議拘束など跳ね返し、自らの信じるところに従って投票してください。私自身の経験からも言えることですが、党議に反し離党覚悟で信念ある行動をした議員を国民はよーく見てますよ。

国民も天も決して見捨てることはありません。国民のみなさん。決して政治をあきらめないでください。民自公の増税翼賛会に対して、みんなの党がちゃぶ台返しをいたします。政界再編をやりましょう。野田内閣は、国民に対する「うそつきうそつきうそつき」内閣です。ダメ出し権を行使いたしましょう。次の総選挙で増税法案に賛成をした議員に必ず鉄槌を食らわせましょう。以上、私の反対討論を終わります。

東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。