体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『闇金ウシジマくん』の“過激すぎる”予告映像が公開

『闇金ウシジマくん』の“過激すぎる”予告映像が公開

映画『闇金ウシジマ』(C)2012真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん」製作委員会

 「逃げられると、思ってんの?」

 2011年小学館漫画賞を受賞した真鍋昌平の問題作を映画化した『闇金ウシジマくん』(8月25日公開)の予告映像が公開された。

 本作は、2010年10月から放送された連続ドラマをスケールアップして映画化したもの。原作コミックの“ギャル汚くん”編を基に描いている。主人公・丑嶋薫は、10日で5割の法外な利息で金を貸し付ける闇金業者”カウカウファイナンス”の冷静沈着な社長。彼は、冷徹で非情な取り立てで、債務者を借金地獄のどん底に追い込んできた。うんざりする日常に飽いて安易なバイトに手を染めるフリーター・未來と、成功へのギラついた野心に燃えるイベントサークル代表のチャラ男・純は、丑嶋と出会い、追い詰められ、破滅を辿っていく。丑嶋は、彼らをどのように追い込んでいくのか。

 今回、公開された予告映像がこちら。

 丑嶋が債務者の目に電気コードを突き刺そうとするシーンや、未來が母親からありえない強要をされるシーンなど、過激な映像が盛り込まれている。ドラマ版で“カウカウファイナンス”を辞めた片瀬那奈演じる大久保千秋の姿や、市原隼人がちらりと映るシーンもあり、次々と登場する豪華キャストに注目だ。

 主人公・丑嶋薫を演じるのは、実力派俳優の山田孝之。未來役をAKB48の大島優子、純役を林遣都が演じる。また、崎本大海、やべきょうすけらドラマ版キャストが引き続き出演。その他、新井浩文、岡田義徳、ムロツヨシ、鈴之助、内田春菊、黒沢あすかといった個性的なキャストが本作を盛り上げる。

 「このクズな人生這い上がってやる」と叫び、もがく若者たちは、地の果てまで追ってくる丑嶋から逃げることはできるのか。

 映画『闇金ウシジマくん』は、8月25日(土)より全国ロードショー。

映画『闇金ウシジマくん』 – 公式サイト

【関連記事】
Superfly、今年初シングルは“漫画史上最大の問題作”主題歌
大島優子がここからどう破滅していくのか? 『闇金ウシジマくん』特報解禁
大島優子、闇金に追われ転落『闇金ウシジマくん』

(http://news.livedoor.com/article/detail/6695458/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会