体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WBC監督選考問題、ノムさんが推す人物は?

2013年に開催されるWBC「ワールド・ベースボール・クラシック」における監督選考の話題が盛り上がる中、TBS「S1」(24日放送)では、プロ野球解説者・野村克也氏が見解を述べた。

ここ数日、ソフトバンク・秋山幸二監督、元中日監督・落合博満氏、元日本ハム監督・梨田昌孝氏らの名前が候補に挙がり、巨人・原辰徳監督は一連のスキャンダルで一歩後退と伝えられている中、野村氏は「当然オレでしょ?そんなもん、選択の余地ない」と切り出した。

だが、同番組の司会を担当する爆笑問題・田中裕二がツッコミを入れると、「オレないの、どうしても?」と確認したうえで、「まあ、それだったら落合でしょ」と、かねてから監督として高い評価を与えていた落合氏を推した。

さらに、田中が「もし、ノムさんがやるとしたら、監督を。この選手を連れてきたいとか、4番はこの選手に任せたいとか?」と尋ねると、「これはやっぱり松井でしょ。彼は外国のピッチャーに慣れているから。やっぱり日本人あんまりメジャーの外人投手対戦してないからね。(投手は)ダルビッシュは当然エースでしょ。コントロールがよくて、フォークボールのいいのを持っている。(現役だと)マー君がいいでしょ」と語った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6695591/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会