体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全日空、ANA国際線機内で無線LANによるインターネット接続が利用できるサービスを来夏に開始

全日空、ANA国際線機内で無線LANによるインターネット接続が利用できるサービスを来夏に開始


ANA国際線は来夏にサービス開始!
全日本空輸(ANA)は25日、オンエア(OnAir)と提携して、2013年夏に機内における無線LAN(Wi-Fi)経由によるインターネット接続サービスを提供開始することを発表しています。

オンエアのWi-Fiサービス「インターネットオンエア」を利用し、ボーイング777-300ERならびに767-300ERで運航するANA国際線機内においてインターネットが利用できるようになるとのこと。

利用料は有料とのことですが、詳細については別途発表するということです。

ANAでは、機内でインターネットを使用したいというニーズや、スマートフォンでWi-Fiを利用するトレンドを受けて、これまで機内でのインターネット環境について検討を進めてきたが、その結果、複数の航空機機種に対応しており、ANAの国際線路線の地域全体をカバーし、地上と変わらない通信品質を提供できるオンエアと提携することにしたとのことです。

サービス開始後は、対象機における機上でインターネットが利用できるようになり、自分のスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのWi-Fi対応機器を利用して、Webサイトの閲覧やEメール送受信、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)の投稿・閲覧などができるようになるということです。

なお、オンエアは、SITAとエアバスの共同事業で、2005年に設立され、世界の5大陸のエアラインをはじめとする46社と契約があり、80件の規制認可、350件のローミング契約とインマルサット・サテライト・ネットワークの利用により、グローバルに機内GSMとWi-Fiを安定供給する唯一の会社だということです。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ANA国際線機内で、Wi-Fiサービスがご利用できるようになります|プレスリリース|企業情報|ANA
Home | OnAir

(http://news.livedoor.com/article/detail/6697784/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。