体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イルミネーションも景色もバッチリ! 難しいと思っていた夜景撮影に挑戦【カメラ生活】

イルミネーションも景色もバッチリ! 難しいと思っていた夜景撮影に挑戦【カメラ生活】

こんにちは、ビデオエディターを目指している小島暢華です。

今回は近くの山の見晴台へ行ってブリスベンの夜景を撮影してきました。

最近のコンパクトカメラでは夜景モードの機能などが付いるおかげで夜景撮影もだいぶ簡単になりました。それでもやはり撮った写真が真っ暗だったり、手ぶれがひどかったりと言う場合も多いですよね。SLRカメラでの撮影では、日中の撮影時以上にいろいろ考えなければあります。でもその努力のおかげで素敵な夜景が撮影できるのです。

夜間の撮影ではカメラに入っていく光が限られているのでそれを補う必要があります。一番大きな効果が見られるのはISOとシャッタースピードの調節です。しかしISO感度を高くすればするほどノイズが生じます。そしてシャッタースピードを長くすると手ぶれのないようにカメラを固定する必要があります。

■主な注意点
・カメラをしっかり固定する。
・人物写真撮影など以外の場合ではフラッシュはOFFに。
・辛抱強く撮影する。(シャッタースピードが長いので時間がかかります)

ということがあげられます。

私はISO感度を最小限で撮影するために、三脚とリモートシャッターを装備して撮影に行ってきました。リモートシャッターを持っていない場合はセルフタイマー機能を使うことでシャッターを押した時の手ブレを抑えることも出来ます。

Highway

日没直後 F5.6  シャッタースピード4.0  ISO100

Highway_Dark

F5.6  シャッタースピード2.0  ISO100

カメラ設定については、はっきり言って撮影場所、条件などによって変わります。夜間の撮影はいろいろ試してみることで驚きの1枚が取れることがよくあるのです。

Brisbane

F10  シャッタースピード2.0  ISO100

(http://news.livedoor.com/article/detail/6693838/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会