体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もうすぐ発売!ドコモハイスペックスマホ「GALAXY SIII SC-06D」のバッテリー持ちは改善しているのか?【レポート】

もうすぐ発売!ドコモハイスペックスマホ「GALAXY SIII SC-06D」のバッテリー持ちは改善しているのか?【レポート】


GALAXY SIII SC-06Dをバッテリーベンチ!
すでに先週17日(日)から事前予約が開始され、NTTドコモから今週28日(木)に発売開始される今夏注目度No.1のハイスペックスマートフォン「GALAXY SIII SC-06D」(サムスン電子製)。

高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」に対応し、ワンセグに加えて、おサイフケータイ(Felica)にも対応し、いよいよ快適な操作性だけでなく、機能的にも日本で使いやすいものとなっています。

ただ、これまでのXi対応スマートフォンの最大の問題点は電池の持ちが従来の3GによるFOMAでの通信のみに対応したスマートフォンと比べると圧倒的に悪いという点がありました。

そこで、今回はXiに対応しているGALAXY SIII SC-06Dの電池持ちを検証するためにバッテリーベンチを行いましたので紹介したいと思います。

機種GALAXY SIIIGALAXY SII LTEOptimus LTEMEDIAS LTEARROWS X LTE型番SC-06DSC-03DL-01DN-04DF-05Dメーカーサムスン電子サムスン電子LGエレクトロニクスNECカシオ富士通チップセットMSM8960APQ8060+MDM9200OMAP4430+MDM9200連続待受時間LTE270時間250時間240時間200時間200時間3G400時間300時間300時間240時間490時間GSM330時間250時間240時間210時間290時間連続通話時間3G500分350分340分250分340分GSM600分360分240分340分460分バッテリー容量2,100mAh1,850mAh1,800mAh1,520mAh1,400mAh

まずはさらっとスペックを確認しておきましょう。スペック的に見ると、GALAXY SIII SC-06Dはバッテリー容量こそ多少アップしていますが、LTEによる連続待受時間はGALAXY SII LTE SC-03Dと比べるとそれほど向上していないようにも見えます。もちろん、他の「MEDIAS LTE N-04D」や「ARROWS X LTE F-05D」と比べると長くなっているという感じもしますけども。

また、注目したいのではチップセットが従来のXi対応スマートフォンではモデム用にQualcomm製「MDM9200」を搭載し、それとは別にアプリケーションプロセッサを搭載していましたが、GALAXY SIII SC-06Dではワンチップ化しています。

このワンチップ化したQualcomm製「MSM8960」によってCPUやGPUなどが28μmプロセス製造の「Snapdragon S4」になったことで動作の快適性が向上したことはすでにベンチマーク結果を行い、紹介してきましたが、モデム側も少消費電力化がなされている可能性もあります。

今回のバッテリーベンチでは、GALAXY SIII SC-06DとGALAXY SII LTE SC-03Dの2機種において都内Xiエリア内における連続Youtube視聴テストを行いました。条件としては、なるべく「最新スマートフォン徹底比較(2011年度冬春モデル編):第2回 バッテリーの持つスマートフォンは? 省電力機能はどう?――35機種を検証 (3/3) – ITmedia +D モバイル」の記事に合わせています。

ざっとした条件としては、
1)ディスプレイの明るさは中間程度に統一しています
2)Android端末では「Battery Mix」アプリを使って残量を確認しました
3)動画視聴時のディスプレイは常時点灯のままです
4)端末に保存されているアプリ数はほぼ初期状態のままです
5)Wi-Fi、GPS、Bluetoothはオフにしています
としています。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。