体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に良い占い師を判断するための3つのポイント

120626check.jpg

誰でも興味がある、霊視・霊感的を用いたスピリチュアル占い。「当たった、外れた」といった気持ちで霊能師、スピリチュアルリーダーなどにみてもらうのは気分転換になるかもしれません。

ですが、軽い気持ちのつもりが、いつの間にかどっぷりハマってしまう場合もあります。これは、以前ご紹介した「悪質な霊能師・占い師に騙されないコツ」を見てみてくださいね。
今回は、高い精度の能力を持った占い師を判断するポイントを、筆者の経験も踏まえてご紹介したいと思います。
 
どんなに評判のいい占い師でも、100%はずれない占い師はまず存在しません。なので、信憑性をはかるには、メッセージの精度が正確かどうかを調べることが、スピリチュアル占いを利用する際のポイントになってきます。
それでは、以下占いを受けたあとだと想定し、占い師に抱いた感情、言われた言葉などで見ていきたいと思います。

■ 占い師に好感を抱いた
……鑑定を終えて占い師に好感を抱いてしまう人が少なからずいます。「あの占い師は私のことをわかっている」といったようなポジティブな親近感です。人として初対面の相手に親しみを持つのは大切ですが、こと「占い師」に限っては当てはまりません

なぜなら、占い師に親しみを持つと、判断が鈍り、どのような言葉も心理的錯覚で「当たっている」と思い込み見誤ることにつながるためです。大好きな人物(アイドルや著名人)の言葉が「金言」のように感じてしまうのと同じ心理なのです。

反対に精度の高い占い師は、相談者の気づかぬ欠点や修正が必要な性根(深層心理学的にいわれる「影(シャドー)」)を指摘してくる場合があります。深層のネガティヴな面を言い当ててくる場合がそれで、たとえば、本当に”酷く底意地が悪い性根”の相談者に「あなたは酷く性根が悪い、直した方が良い」と指摘するわけです。

この指摘は的を射て正確なのですが、深層心理的な「影」を指摘されると一般的に多くの人は「嫌悪」を抱き、その指摘を行った人間(占い師)に「不信感」を憶えます。人は「ウソでも自分の望むこと(思っていること)を言って欲しい」という願望に気づかずスピリチュアル占いに通う人が大半なので、本当のことを指摘する占い師は、この時点で嫌われ見限られてしまいます。

占いを受けた後、もしアナタが占い師に好感を抱いて「また占い師に会いにこよう」と思ってしまったら……。アナタは占い師を適切に調べられる心理状態ではないのかもしれません。

■ 誰にでも当てはまるような話だった
……”霊感”という言葉を使わない占い師の世界では「誰にでも当てはまるようなメッセージ」を、あらかじめ蓄えていることが常識になっています。誰にでも当てはまるような効果を「バーナム効果(Barnum Effect)」といい、あらかじめ蓄えていた言葉を投げかける方法を「ストックスピール(Stock Spiel)」といいます。

最も古典的なストックスピールは「お悩みですね」「苦労されてきましたね」といったもの、悩みや苦労のない人はほとんどいませんから誰にでも当てはまります。
占い師にとって、顔つきやしぐさを観察し相談者の共感を得られるようなストックスピールを上手に使えるかどうかが重要な技術なのです。
よって、占いの内容から「誰にでも当てはまるメッセージ」を探しそれらを除外して考えることが重要です。誰にでも当てはまる言葉しか伝えてこない占い師は精度が高いとは言えませんから、除外対象として考えた方がよいでしょう。

■ 過去世に何かがあると言われた
……ニセ占い師の手口に細心の注意をしたうえで、あきらかに何かが視えているとしか考えられないような精度の高いことを言う占い師がいることは確かです。

スピリチュアル占いには「過去世を霊視する」鑑定ジャンルがあります。過去世を検証することは”ほぼ不可能”ですが「過去世」に今の自分の深層に隠しているものが含まれている場合があります。

例えば、以下のようなことです。

「あなたは古代中国に生きた少年で、とても疑り深いです。ひとりで森の中にどこまでも分け入ってしまって迷った末に死んでしまったようです」

実は上記の内容は過去に筆者がスピリチュアル占い鑑定を受けた結果のひとつで、あまりにも不確かな過去世でしたが、注目すべき点があります。ここでは「私だけにしか当てはまらないレアな話」を探すことがポイントになります。

筆者の幼い頃、桜並木が続く長い林道の果てが知りたくなり、ある時、冒険心を燃やして補助輪の自転車で、その桜並木の林道が途切れるまで、長い距離を日が落ちるまで走り続けたことがありました。

もしこの行動を古代中国の少年が行ったと考え、置き換えてみると「森の先には何があるのか」と森に分け入ってしまう話になることでしょう。都会なので帰ってこれましたが古代中国の森なら死んでいたかもしれません。

例のほかにも何点か他の過去世といわれるものに同様の注目点が存在しました。ちょっと過去世についての想像力を膨らませ過ぎかもしれませんが、「過去世占い」には何かがある場合もあるので簡単に除外対象としないことも精度の高い占い師を見つけるためには大切な気がします。

photo by Thinkstock/Getty Images
(Teru Sun)



(マイスピ)記事関連リンク
震災のトラウマも解放? 筋肉を緩めストレスを緩和していくTREエクササイズ
ヨガの母に会う[ヘルスピ・ロックンロール]
今年の夏至は最重要日!? 心の葛藤がなくなり悟りがひらける

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会