体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『るろうに剣心』の本ポスターに壮絶な闘いを予感

『るろうに剣心』の本ポスターに壮絶な闘いを予感

写真拡大

(C)2012「るろうに剣心」製作委員会

 8月25日公開の実写映画『るろうに剣心』。映画の公開に先立ち、原作漫画の再始動・新作アニメの放送開始と各方面から“剣心”旋風が沸き起こっている。さらに情報は世界に飛ぶ。世界4カ国語の字幕付き特報が配信され、世界配給も視野にいれた展開もスタートしている。そんな中、本作の本ポスターが解禁されることとなった。

 過去の自分と向き合い、「不殺(ころさず)」の誓いをたてて流浪人として生きる剣心の“封印された狂気”をモノクロの静けさで表現したティザーポスター。そのビジュアルを“静”とするならば、今回のビジュアルはまさに“動”。ティザーとは打って変わって、それとは対照的な躍動感あふれるビジュアルを採用し、豪華キャストとともに、アクション・エンターテイメントといえる本作を表現するかのような、ダイナミックで迫力のある『るろうに剣心』の新たな一面が映し出されている。ティザーとは一味も二味も違う本ビジュアルは、ドラマ・アクション・エンターテイメントの期待をあおる効果を狙っているようだ。また今度のコピーの「かならず、帰る」は、壮絶な激闘が展開されることを予想させる。

 『るろうに剣心』2012年8月25日公開。

Kan-pake MOVIE (缶パケ映画)

(http://news.livedoor.com/article/detail/6689405/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。