体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひんや~り夏の暑さをやわらげる 『京のつめたいもん』

120625hon.jpg

梅雨が明けると本格的な夏の到来。
この季節に食べたいものといえば、やっぱり冷たいスイーツですよね。
京都でいただくことができる「ひんやりあまいもん」を特集したのがこの1冊『京のつめたいもん』(光村推古書院)です。私もよく通うお店も掲載されていましたが、なかでもオススメの3軒をご紹介しますね!
 
■ 「銀閣寺キャンデー店」のアイスキャンデー

120525hiyashi1.jpg

photo by 京都旅楽
懐かしい昭和な雰囲気の店構えが特徴。アイスキャンデーはパインやイチゴなどフルーツが入ったものや、抹茶や小豆などシンプルで定番の品もあります。1本60~140円とお値段も手頃。食べやすいサイズの上、おいしかったので数本一気に食べた記憶が……。それほど夢中になっちゃうアイスです。ぜひご賞味あれ。

「銀閣寺キャンデー店」
価格:60~140円
住所:京都府京都市左京区浄土寺東田町56 MAP
アクセス:京都市営バス「銀閣寺道」停留所 徒歩1分
定休:火曜、第2日曜・月曜

■ 「老松」の夏柑糖

120625hiyashi2.jpg

photo by Fukuya
ダイエット中だからと甘い物を敬遠されている方は、こちらがオススメ。さわやかな甘さと、ふるふるとした柔らかさの寒天がたまりません。とってもジューシーで、本当の夏みかんを食べているよう。1個1,260円と少しお値段は張りますが、一度食べたらヤミツキになります。これも、私ひとりでペロリと平らげました……。いくらヘルシーでも、たくさん食べてはいけませんね。反省しつつ。

老松」北野店
価格:1,260円
住所:京都市上京区北野上七軒 MAP
アクセス:京都市バス「北野天満宮前」下車 徒歩3分

■ 「甘党 弥次喜多」の白玉クリームミルク宇治金時

120525hiyashi3.jpg

photo by 世界再見
まだ食べたことはありませんが、個人的に気になっているのがこちら。ボリューム満点で、何だか妖怪のように見えませんか? 今年こそはこの「かき氷妖怪」を胃の腑に収めに行きたいです。

「甘党 弥次喜多」
価格:940円
住所:京都府京都市下京区四条河原町下ル三筋目東入ル北市之町240-2 MAP
アクセス:阪急京都線「河原町」駅 徒歩3分、京阪本線「四条」駅 徒歩6分

京都の夏は”油照り”と表現されるほど耐え難い暑さですが、そんな暑さだからこそ、絶品のつめたいもんが生まれるんですよね。本書を片手に、あなたもお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか?
(六島京)



(マイスピ)記事関連リンク
妖精・妖怪をテーマにしたカフェに行ってみたら、本当に妖精がいるみたいだった
お酒を飲みながら星空観賞。夜から楽しむ羽田空港とっておきデートプラン
猫好きに嬉しいニュース! 猫会議に参加できる京都の新たな癒しスポットとは

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会