体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇多田ヒカルがキラキラネームに苦言、ネットユーザも共感示す

24日、歌手・宇多田ヒカルは、自身のツイッターで子供に風変わりな名前(ネットではキラキラネーム、DQNネームと呼ばれる)を付けることに苦言を呈し、ツイッターやネット掲示板上で話題となった。

宇多田は「最近日本では風変わりな名前の子供が多いらしいけど、絶対読めない名前とか、日本語っぽくない名前とか、ちょっとかわいそうだなと思う。親御さんたちは愛情をもって名付けたんだろうけど…」とツイート、その心情を綴った。

すると、キラキラネームに対して批判的な意見が多いツイッターやネット掲示板では、「同感です!私は古臭いくらいの名前が好きです」「宇多田ヒカルが意外に良識人で驚いた」など、宇多田の意見に共感する声が多数寄せられた。

中には、「大きなお世話だろ」「最近ちょっとネットに媚びすぎ。前みたいに独自の発言でいいのに」「人様の名前にケチを付けるなんていい身分だな」などと異論を唱える書き込みから、最近宇多田のツイート数が増えていることで「暇だから2chばかり見てるのではないだろうか?」「最近、つぶやきが多いけど現役復帰間近なの?」と、彼女の近況を推測するコメントもあったが、ごく少数にとどまった。

【関連記事】
宇多田ヒカル、ツイッターで原発問題に言及 「メルトダウンよりは大停電の方がまだいい」
宇多田ヒカル4か月ぶりツイート「あくびしたらアゴの裏がつったよ」
宇多田ヒカル久々ツイッター「自分が見えなくなっていってた」
活動休止中の宇多田ヒカル デビュー13周年を報告する

【関連情報】
宇多田ヒカル@utadahikaru

(http://news.livedoor.com/article/detail/6690731/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。