体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イー・モバイルオンラインストアがお得なアウトレットモールをオープン!直販のお得度を早速チェック

イー・モバイルオンラインストアがお得なアウトレットモールをオープン!直販のお得度を早速チェック


新品もあるお得な「アウトレットモール」が登場!
イー・アクセスが運営する同社の携帯電話サービス「イー・モバイル」向けのスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターなどを直販するネットショップ「イー・モバイルオンラインストア」が一部リニューアルした。

これまで「アウトレット品コーナー」として扱われていたアウトレット製品の販売を拡大し、アウトレット製品だけでなく、新品も含めたお得な製品を取り扱う「アウトレットモール」ページが新たに登場している。

そこで、今回は、このイー・モバイルアウトレットモールにおけるお得商品のお買い得度を検証しつつ、紹介する。

02

アウトレットモールで現在取り扱っている商品にはスマートフォンとモバイルWi-Fiルーターの2種類がある。
スマートフォンは「smart bar S42HW」および「GS02」の2点でどちらも新品、さらに、モバイルWi-Fiルーターはデータ通信市場を作り上げた製品でもある「PocketWiFi D25HW」のアウトレット品だ。各製品の機能を振り返りながら、これらの商品がお買い得かどうか見ていこう。

■smart bar S42HW

03

smart bar S42HWは昨年9月に発売され、現状では唯一のテンキー搭載ストレート形状のAndroidスマートフォンだ。全面タッチパネルで幅広なモデルばかりのスマートフォンだが、テンキー搭載ストレート形状なので女性の手にも持ちやすく、従来のケータイの感覚で使用ができる。

また、持ちやすいことから通話もしやすく、これまで通話やメールが中心だったという人にはまさに最適な機種と言える。もちろん、スマートフォンなので、Androidマーケットからさまざまなアプリを導入でき、FacebookやTwitterといったSNS(ソーシャルネットワークサービス)も快適に利用できる。

そんなsmart bar S42HWがアウトレットモールなら購入時支払い額100円、月額料金1980円~(スマートプランライト(シンプルにねん+アシスト800)、通話定額オプション、EMnetご加入で月額割適用の場合)*1で購入可能だ。しかも、通話定額オプションが適用されるため、1通話当たり10分以内の国内通話なら月300回までは国内どの電話とも無料で通話ができる。

スマートフォンではあるが、通話のしやすさと通話定額オプションを目当てに通話専用として購入してもいいくらいで、データ通信は後で紹介するPocketWiFiと組み合わせたり、自宅やオフィス、公衆無線LANサービスなどの無線LANでのみ利用するといった使い方でもいいように思う。

例えば、他社で同じような通話定額オプションを提供しているところでは、Androidスマートフォンにおける料金プランが高く、通話中心にという場合には適さない。イー・モバイルのエリアもかなり広がってきているので、通話用として購入するというのもコスト削減含め十分に魅力的な製品だろう。

■GS02

04

一方で、もうひとつのスマートフォン「GS02」は昨年12月に発売され、1,880mAhという大容量バッテリーを搭載し、下り最大通信速度14Mbps*2、上り最大通信速度5.8Mbps*2によるデータ通信ができる人気のモデルだ。

大容量バッテリーを活かし、イー・モバイル向けスマートフォンの特長である他のパソコンなどから無線LAN経由でイー・モバイルの3G回線を利用できるテザリング“PocketWiFi機能”も約5.5時間※と長時間利用できる。
※使用時間は、使用環境、機能の設定状況により変動。

GS02のアウトレットモールでの価格は、購入時支払い額が100円、月額4980円(スマートプラン(シンプルにねん+アシスト1600)、EMnetご加入で月額割適用の場合)*3でデータ通信料が完全定額制となっている(通話を行った場合、通話料が別途発生)。テザリングにも対応しているので、パソコンやポータブルゲーム機といったWi-Fi対応機器でもデータ通信を利用できるのに月額4980円で収まるのだ。

■PocketWiFi D25HW

05

最後に、唯一のアウトレット品となるPocketWiFi D25HWだが、国内ではモバイルWi-Fiルーターという製品カテゴリーを作り上げてきた代表的な製品だ。下り最大通信速度7.2Mbps*2、上り最大通信速度5.8Mbps*2と最近の高速モバイルデータ通信サービスに対応した製品と比べるとやや昔の機種ではあるが、手軽に外でパソコンやゲーム機などのWi-Fi対応機器でデータ通信を行いたいならまだまだ現役で活躍できる。

価格はポストペイド式とプリペイド式が用意されており、ポストペイド式なら購入時支払い額が1,980円、月額2,980円で利用可能だ(EMOBILEG4 データプランにねんSご加入でアウトレット品特別割引適用の場合)*4。他の高速モバイルデータ通信サービスの月額利用料は4千円弱程度からとなるので、少しでもコストを抑えたいなら十分に検討の価値ありだろう。

特に、上記のsmart bar S42HWを通話用として購入し、データ通信はこのPocketWiFi D25HW経由で行えば、月額5000円以下で通話がほぼまかなえる上に、データ通信もスマートフォンだけでなく、タブレットやパソコンといったWi-Fi対応機器でも使い放題となる。これは非常に魅力的な組み合わせとなりそうだ。

プリペイド式は、購入時支払い額が1万円ではあるが、無料チャージ1万円がついてくるので実質無料となる。契約期間も最終チャージ日または利用開始日から760日と長いので、出張時だけ使いたいなどといった使い方に最適だ。

このようにイー・モバイルオンラインストアのアウトレットモールにはお買い得な製品が集められているということで、定期的に覗いてみて魅力的な製品がないかチェックしてみたいところだ。

記事執筆:S-MAX編集部

*1*3*4 「シンプルにねん+アシスト800」「シンプルにねん + アシスト1600」「データプランにねんS」は、2年間の契約継続が必要です。契約期間中に異なる契約種別へ変更もしくは解約された場合、その経過期間に応じて契約解除料がかかります。

*2記載の最大通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度として保証するものではありません。なお、通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。また、機種により最大速度は異なります。

■関連リンク
イー・モバイル オンラインストア アウトレットモール
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6690021/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。