体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile Xperia ion LT28i開封の儀

『Xperia ion LT28i』を入手したので早速開封の儀を執り行います。『Xperia ion』今年1月に米国で開催された『CES』でSony Mobile初のLTEスマートフォンとして、また、米AT&T独自モデルとして発表されたAndroidスマートフォンです。しかし、その後、グローバルモデル『LT28i』が発表され、5月末に香港や台湾で発売されました。今年Q3にはLTE非対応の『LT28h』も発売される予定です。

今回入手したのは香港版で、GSM/WCDMA/LTEに対応します。OSはAndroid 2.3.7(Gingerbread)。今回は知人に輸入を代行してもらったので、ショップ価格は不明ですが、国内配送料を含めて購入にかかった費用は4万8000円でした。今では価格も下がり、4万円前半くらいで入手できると思います。

『Xperia ion』のスペックを簡単に紹介します。主要なところは『Xperia S/NX』、『Xpeira acro HD』と大体同じですが、ディスプレイが4.55インチとSony Mobile端末の中では一番大きくなっています。解像度はHD(1280×720ピクセル)。プロセッサはSnapdragon S3 MSM8260 1.5GHz(デュアルコア)、RAM容量は1GB。内蔵ストレージの容量は16GB。Xperia ionではmicroSDスロットがあります。カメラは背面に1200万画素の『Exmor R』カメラ、前面には130万画素カメラがあります。通信機能ではWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、NFC、DLNAなどに対応します。バッテリー容量は1900mAhとSony Mobile端末の中では一番大きいです。寸法は133.0mm×68.0mm×10.8mm、質量は144g。厚さと質量は『Xperia S』とほぼ同じです。

箱の裏側にプリントされている機能を書き出すと、PlayStation Certified対応、モバイルBRABIAエンジン搭載、3Dスイングパノラマ対応、NFC対応、xLOUD対応、Exmor Rカメラ搭載、micro HDMI出力端子搭載、Wi-Fi ab/g/n、DLNA対応。

では早速開封していきます。まずは箱から。箱はSonyブランドのものとなっており、形状や大きさは『Xperia S』とほぼ同じでした。

同梱品は、『Xperia ion』本体、USBケーブル、ステレオヘッドセット、電源アダプタ(HKプラグ)、取扱説明書類です。HDMIケーブルやmicroSDカード、NFCタグの『Xperia SmartTags』は付属していませんでした……残念。

『Xperia ion』ではバッテリー一体のボディ構造が採用されており、バッテリーはもちろん、バックカバーを外すといったこともできません(『Xpeira acro HD』みたいです)。

1 2 3 4 5次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。