体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国版Galaxy S III(Sprint、AT&T、T-Mobile)のroot化に成功

米国では21日より販売が行われている「Galaxy S III」、発売後、すぐにroot化に成功した模様です。米国では現在、Sprint、AT&T、T-MobileからGaalxy S IIIが販売されています。いずれもNTTドコモのGalaxy S IIIと同じくSnapdragon S4 MSM8960プロセッサと2GB RAMを搭載したモデルです。当然、ワンセグやおサイフケータイには対応しないなどの違いはあります。米国版のroot化は、Odin3よりClockworkModリカバリを焼き、その後、ClockworkModリカバリのZIPフラッシュメニューからSuperSUツールをインストールするという方法で完了させることができるそうです。SprintとT-Mobile版のroot化手順はこちら、AT&T版のroot化手順はこちらで紹介されています。



(juggly.cn)記事関連リンク
プロジェクター付きAndroidスマートフォン「Galaxy Beam GT-I8530」向けに初のソフトウェアアップデートが実施中
Galaxy Note 2はフレキシブルAMOLEDパネルを搭載したJelly Bean端末?
Xperia tipo / tipo dualの公式デモ映像

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。