体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロジェクター付きAndroidスマートフォン「Galaxy Beam GT-I8530」向けに初のソフトウェアアップデートが実施中

プロジェクターを内蔵したAndroidスマートフォン「Galaxy Beam GT-I8530」の最初のOTAアップデートが北欧モデルで開始されたようです。Galaxy BeamはIce Cream Sandwichにもアップグレードされること予想されていますが(ICSにアップグレードされるGalaxy S Advanceと似たスペックなので)、今回アップデート(I8530XXLF2)はAndroid 2.3.6におけるマイナーアップデートの模様。SamMobileは変更内容として、”端末の安定性が改善される”と伝えています。Galaxy Beamは、Samsungが2010年夏頃にごく一部の地域(シンガポールなど)で発売した同じ製品名「Galaxy Beam(GT-I8520)」の後継となるAndroidスマートフォン。4インチWVGA解像度のTFT液晶ディスプレイ、NOVAThor U8500 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、端末上部に輝度15ルーメンのピコプロジェクター、2,000mAhバッテリーが搭載されています。英国や香港などでは今年7月に発売予定と言われていますが、すでにスウェーデン、オランダ、ドイツ、米国のネットショップではそのSIMフリー版が販売されていたりします。ドイツのネットショップ Cyberportでの価格はVAT込みで€459(約46,000円)、米国 Negri Electronicsでの販売価格は$498(約4万円)。発売初期の価格としては、4万円前半が相場のようですね。Source : SamMobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 2はフレキシブルAMOLEDパネルを搭載したJelly Bean端末?
Xperia tipo / tipo dualの公式デモ映像
Sony Mobile Xperia SのAndroid 4.0.4における新機能やGingerbraedとの違いを紹介

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。