体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンプレックスを自信に変える女たち

コンプレックスを自信に変える女たち

写真拡大

どんな人でもコンプレックスを持っているのではないか。

他人から見れば大したことはないが、当人にとってはそう簡単に受け入れられるものではない。
「背が高いのが私のコンプレックス。気にしてずっと猫背気味でした。」というまどかさん(28才)の身長は172cmだ。幼少時代はごく普通だったが、中学に入るとみるみる成長していったのだとか。「これまではずっと背が高いことがイヤでした。でも、使われずに眠らせている資材から価値ある製品を作るという仕事に関わってから、モノだけでなく人にも同じことが言えるのではないか、これは私のコンプレックスにも通ずるところがあるのかな? って気がついたんです。つまり、私にとって背が高いってことをネガティブに捉えていたせいでこれまで使わずに眠らせていた部分。でもそれって実は自分にとってもっと価値になることなのではないかと考えるようになりました。まずは、長身を活かして堂々と歩くことでポジティブに時間を過ごせたら日常にも何かいい影響が出るかなと。」

長身が少しでも目立たないように猫背気味だったまどかさんだが、この日から敬遠してたハイヒールを履いてオシャレをし、胸を張って街を歩くことにした。とはいえ、やっぱり人目が気になったが、これは逆に私もやりたいと共感してくれる長身女性が他にもいるのではないかと思い、希望者を探し始めた。

「そこで昔の私のように長身コンプレックスを破りたい人をmixiで募ったんです」

そんなまどかさんの言葉に感銘をうけた身長170cm以上の女性が集まり、サークル『over170』が誕生した。現在、会員は7名。月に1回程度、自分がしたいオシャレをして、表参道や銀座などのオシャレな街を闊歩するという活動をしている。

筆者の身長は加入条件に満たないのだが、6月上旬に活動があるというので特別に参加させていただいた。集合場所は原宿駅で、明治神宮→表参道でランチ→表参道ヒルズ近辺のウィンドウショッピングという予定。日曜日なので駅前は人でごったがえしていたが、みなさんは5~8cmのヒールを履いていたのですぐわかった。

明るく社交的で、どんどん仲間を“スカウト?”してくるまゆさん(32歳/身長170.5cm)は、「電車やバスのつり革が、よく顔に当たるんですよ。つり革をぶら下げているバーのほうが持ちやすいんですよね(笑)」。これにはみなさんが「そうそう~!(笑)」と相づちをうちながら賛同する。スタイル抜群でミニスカートのワンピースがよく似合うあやさん(25才/身長174cm)は、「背が高いと体育の授業のときバスケのジャンプボールを必ずやらされてませんでした? 大人になっても“何かスポーツやってました?”って聞かれるんですけど何もやってないんですよね(笑)。背が高いとスポーツ万能だと思われる!」

ほかの人とはなかなか共有できないこんな“あるある話”もこのメンバーだったら分かってもらえるし、お腹の底から笑い合える。このサークルで何よりも大事なのは「共感できること」とまゆさんは言う。

ふだんは住んでいる環境も仕事もバラバラな彼女たち。食事しながらえみさん(29歳/身長172.5cm)のこんな話で盛り上がる。

えみ「職場でも背が高いと偉そうに見えちゃうんですよね!」
まどか「そうそう。私より背の低い上司に“前に立たないでくれる?”って言われたことありますよ」
まゆ「上司の前に立つと自然に見下ろしている感じになっちゃうんですよね」
あや「それを言われてもしょうがないんだけどねえ(笑)」

楽しい雰囲気に学生時代、放課後に友達と寄ったハンバーガーショップを思い出させた。30才を過ぎると友人が結婚したり、未婚の友達とも仕事が忙しかったりして疎遠になりがち。なのに、新しい友達はできにくくなる一方だ。彼女たちのように新しい出会いができる環境を羨ましく思う。

最後にover170の今後の目標を聞いた。「今のところは、メンバーをもっと増やして楽しく活動したいです。そして月一回の集まりで各自自信をつけて、日常的にも堂々としていられるようになりたい。オシャレをしてカッコよく街を歩きたいので、いずれは講師にウォーキングを習ったりもしたいですね」(まどかさん)

ちなみに『over170』の加入条件は、身長170cm以上の女子で長身を活かしたお仕事をされていない方。20才以上で、自信をもって肩で風を切り街を歩きたいと思っている方、とのこと。参加したい人は、まず公式サイトにアクセスしてみては?

視点を変えればコンプレックスもメリットに変わるという言葉に、ハッと気付かされ安心した人も多いのではないだろうか? かくいう筆者もいくつものコンプレックスを抱えている。まずはコンプレックスを受け入れることから始めてみよう。(パンチ広沢)

「over170」サイト

<Photo>(c)Paylessimages,Inc.All Right Reserved.

(http://news.livedoor.com/article/detail/6684115/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会