体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ?夏モデルを買わないこれだけの理由(新しもの好きエンジニアえど編)

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ?夏モデルを買わないこれだけの理由(新しもの好きエンジニアえど編)

よりどりみどりの夏モデルを前に、ちょっと冷静に考えたい
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル(イー・アクセス)の携帯電話事業者各社から2012年夏商戦向け新商品が発表され、もうまもなく発売されるというタイミングですね。この夏のスマートフォンは最新OSのAndroid 4.0や次世代高速通信など見どころいっぱい魅力いっぱい。どれを選ぼうか嬉しい悩みですが、

でもちょっと待ってください。

実はこの夏から冬にかけて、スマートフォンを取り巻く環境は更に大きく変わっていくことが見込まれています。これを知らないで夏モデルに手を出すとあとで後悔するかも!? この記事ではこれからのスマートフォン情勢を通して、夏モデルをあえて買わない理由を探してみます。

夏モデルを買わない理由1:LTEの普及・高速化NTTドコモの夏モデルでは次世代高速通信のLTEサービス「Xi」(クロッシィ)のラインナップが一気に拡張されました。下り最大37.5Mbps(場所によっては75Mbps)の通信速度を誇るXiの機種が豊富なラインナップから選べるようになったのは嬉しい限りですが、実はXiにはまだまだ進化が予定されています。

現在NTTドコモがXiで使用している電波は2GHz帯だけですが、2012年第3四半期には800MHz帯や1.5GHz帯でもXiを提供開始する予定です。800MHz帯は電波の飛びがよいと言われるいわゆるプラチナバンドで、Xiの電波環境改善につながる可能性があります。また1.5GHz帯においては一部地域で現状の1.5倍速となる下り最大112.5Mbpsの通信が可能になる見込みです。これらの新しい帯域を使用するためには新しい端末が必要で、夏モデルは対応していません。

【NTTドコモは今年後半Xiを拡張(2012年3月期決算発表資料より)】

2012summer_001

また夏モデルではWiMAXをプッシュしているKDDIも、今年後半にLTEのサービスを開始します。KDDIのLTEは他社より展開が遅れた分、最初から広いエリアでサービス開始されると見込まれています。LTEサービスが始まれば、LTEに対応していない夏モデルは一気に旧世代になりかねません。

【KDDIは満を持して今年後半LTEを導入(2012年3月期決算発表資料より)】

2012summer_002

夏モデルでは下り最大42MbpsのULTRA SPEEDに対応した端末を取り揃えたソフトバンクモバイルもLTEサービスを今秋開始予定。LTEのスマートフォン向けパケット定額が月額5,985円になることを発表済みです。またすでにモバイルルーターによるサービスが行われているAXGPの「SoftBank 4G」に対応したスマートフォンが登場する可能性もあります。

【ソフトバンクモバイルはLTEサービスの料金を予告(2012年3月期決算発表資料より)】

2012summer_003

さらに夏モデルとしてAndroid 4.0を搭載した端末を発売しているイー・モバイルも、今後LTE対応端末の投入を予定しています。すでにモバイルルーターでサービス中の「EMOBILE LTE」ブランドによる展開が予想されます。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy