体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】

GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】

最強のAndroid端末とも言われるGALAXY Noteは、5.3インチの大型液晶を搭載し、文書もWebも見やすく電話としても十分に使える薄さのスマートフォンだ。特に5.3インチ液晶は、一般的なスマホより大きいので、ビジネス文書や電子書籍を移動中に読んだり、TwitterやFacebookに投稿したりといったことが移動中でも快適にできる。またバッテリーも2500mAhとスマホ中最大で実用性は非常に高い。

これだけ実用的なGALAXY Noteだが弱点がないわけではない。それは文字入力。大画面でビジネス文書や長文も打てるGALAXY Noteだがソフトウェアキーでは少々役不足で、ハードウェアキーボードが欲しいという人も多いのではないだろうか。

Bluetoothに対応するGALAXY Noteは、Bluetoothキーボードを購入すればハードキーボードを利用することは簡単にできるが、問題は大きさだ。パソコン用キーボードでは大きすぎて移動中には使えない。4インチスマホサイズ向けのキーボードではタッチ感がイマイチだ。

できればパソコンのキーボードのように個別の機能を呼び出せる専用キーも搭載され、GALAXY Noteにぴったりのサイズがあれば、移動中も使えてGALAXY Noteがさらに最強になるに違いない。

今回紹介する「Bluetooth キーボード付き Rotation Leather Case for GalaxyNote」は、GALAXY Note用のローテーションケースと専用のBluetooth キーボードがセットになった製品だ。

■タテにもヨコにも置ける専用のローテーションケース
この製品、一見するとレザー調のGalaxyNote専用ケースのように見える。収納している状態ではビジネス用の手帳かと見間違えるほどだ。それを逆手に取り、さっと手帳を取り出したと思ったら、実はGALAXY Noteとキーボードだったなんて、ちょっとカッコイイだろう。また、このカバーはローテーションスタンド機能も持っており、GALAXY Noteをタテにもヨコにも置けるようになっている。

GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】GALAXY Note本体にBluetoothキーボードを収納した状態でビジネス手帳と同程度 GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】このようにGALAXY Noteをヨコにもタテにも置くことができるようになっている。

■本格的QWERTYキーボードでGALAXY Noteのコントロールも可能
付属するキーボードは、英語キーながら本格的なQWERTYキーボードだ。さらにホーム画面の操作からアプリの起動・写真ギャラリーの操作など、キーボードだけでほとんどの操作が可能になっている。GALAXY Noteを使ってプレゼンするMHLケーブルと合わせてプロジェクターに出してプレゼンをするなんてことが簡単にできてしまう。このキーボードは、ラバーケースにマグネットで貼り付くようになっており、運搬時に落ちてしまうようなことがないのがありがたい。

GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】本格的なQWERTYキーボードで、GALAXY Noteコントロール用ボタンも備える。 GALAXY Noteをキーボードで使う! Bluetoothキーボード付き専用カバー【イケショップのレア物】キーボードはラバーケースにマグネットで貼り付くようになっている。

イケショップのスタッフいわく、
「取り外せるキーボードは、GALAXY Noteと同じサイズのためタッチタイプは困難ですが、ゲームコントローラーのように両手で持って親指入力するのに向いた配列になっています。GALAXY Noteをコントロールする機能もあるのでMHLケーブルと合わせてプレゼン等にもお使いいただけます。GALAXY Noteをプレゼンや文章入力でバリバリ使いこなしたい方に強くおすすめいたします。」とのこと。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。