体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手

関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手

KDDIは2012年6月18日、大阪東急イン2F「オークルームA」において、報道関係者向けに「au プレスカンファレンス~2012 Summer in OSAKA~」を開催した。

同カンファレンスでは、本年2月に関西のブロードバンド10社との提携によりスタートした「auスマートバリュー」の状況や、関西の携帯電話ユーザーを対象とした調査結果、また、同社の新サービスならびに今夏の新機種などについての説明があった。

■2ヶ月連続で純増No.1 – KDDI 甘田氏
KDDI株式会社 理事 コンシューマ関西支社長 甘田 純一 氏は、開口一番、
「おかげさまで関西でも、2012年度上記は好調を維持しており、2ヶ月連続で純増No.1である。」と、auの関西地区での現状を報告した。
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手KDDI株式会社 理事 コンシューマ関西支社長 甘田 純一 氏
●ユーザーの不満・不安を解消!スマートパスポート構想
携帯電話ユーザーの意識調査で、現在契約中のキャリアに不満があるユーザーは、関西地区で20.5%と出ており、主な不満点は「利用料金」が35.9%、「本体価格」が29.7%、「料金プラン」が29.7%、「サービスエリア」が10.9%、「ネット接続の維持」が9.4%だった。

さらに、毎月の通信費を高いと感じているのは、関西地区で87.9%にも上る。「通信会社を見直す際のポイントは?」との問いに対しては「料金の安さ」が第1位になっている。
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手
一方、「スマートフォンに変更していない理由」(関西)※としても、「利用料金」が第1位となっている。
※携帯3社ユーザーを対象
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手
スマートフォンの問題では、「料金・価格」「通信品質とエリア」「サービス」の3つが、利用者にとって、もっとも重要な問題であることが改めて明確になったわけだ。

そうした状況を踏まえ、「料金・価格」「通信品質とエリア」に対する利用者の満足度にこたえるため提供されたのが、「スマートパスポート構想」だ。
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手
甘田氏は、「スマートパスポート構造」について
「お得に快適に、そして楽しく安全に、スマートフォンをご利用いただける環境を整えてきた。」と、語った。

●需要の喚起と大型助っ人の入団
KDDIは今後の戦略として、スマートフォンを使いたいが、サービスを含めてよくわからない人に向け、需要の喚起を促す。

具体的には、下記の3つの強化を図る。
1.魅力ある端末の拡充
2.魅力あるサービス提供
3.ユーザーへの情報発信と理解促進

カンファレンスでは、「夏キャンペーンに向けた、大型助っ人の入団」と題して、「巨人の星」の主役 星飛雄馬 氏のライバルとして有名な、花形 満 氏を紹介した。
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手
甘田氏は、
「今回、スマートバリューに入団してもらうかたちで、念願がかなった。」と、花形 満 氏について語った。

●シニア層のさらなる拡大に向けて「スマートフォン講座」を拡充へ
KDDIは、関西各地のカルチャースクールや郵便局の協力によって、シニア向け「スマートフォン講座」を開催し、潜在ニーズの掘り起こしてきた。

今後はシニア層のさらなる拡大に向けて、主婦を中心とした女性層に様々な提案や、実際に手に取る機会を増やすという。
関西KDDI強し!2ヶ月連続で純増No.1に続く、さらなる一手
甘田氏は、
「関西圏のすべてのお客様に、安全・安心、さらに快適な『スマホライフスタイル』をご提案したい。」と、今後の展開をあきらかにした。

KDDIの関西地区での大躍進の裏には、「スマートフォン講座」のような地道な努力があったといっても過言ではないだろう。

au

(http://news.livedoor.com/article/detail/6679011/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。