体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本全国対応!雨の状況をGoogleマップと重ねて確認できる「雨雲マップ (mini)」【Androidアプリ】

日本全国対応!雨の状況をGoogleマップと重ねて確認できる「雨雲マップ (mini)」【Androidアプリ】


大雨だー↓↓↓
梅雨入りしてスッキリしない日が続きますね。この時期は毎年天気予報もアテにならないこともあって、傘がいるのかいらないのかよくわからない時があります。

また、外出中に雨が突然降ってきたけど、通り雨か本降りかもわからないといった時もありますよね。

そんな時に便利なのが今回紹介するAndroid向けアプリ「雨雲マップ (mini)」です。

以前に東京を中心とした関東の雨の様子を確認できる「雨っす」を紹介しましたが、雨雲マップ (mini)は気象庁が公開している「降水ナウキャスト」のデータを利用しているので日本全国の雨の様子を確認できます。

これがあれば、外出中に余分な傘を買わなくて良くなるかも知れません。

さっそく紹介していきましょう。

始めての起動では日本地図が広域で表示されます。

ame02

端末のメニューボタンから設定をしていきましょう。

[設定]をタップすれば地図の種類を選べます。

自分の見やすい物を設定してくださいね。

ame03 ame04

また、地図を拡大して、自分の見たい地域を保存し、次回以降の起動時には保存した場所を直接開くことができます。

保存したい場所を決めたら、メニューから[表示位置を保存]をタップしておきましょう。

ame05

雨雲マップ (mini)は降水ナウキャストを元にしています。

うーん、これなら帰りには傘はいらなさそう?

ame06

また、最新データはもちろん、60分前までの実測データと最大60分先までの予測データも表示できるようです。

過去データは雨雲の流れが多少わかるので、このまま降り続けるかどうかくらいの予想は立てられそうですね。

ame07

天気予報のアプリと併せて梅雨の時期にはぜひ常用したいアプリです。

うまく使って濡れずに移動してくださいね。

記事執筆:Hisumi

[Image] QRコード

アプリ名:雨雲マップ (mini)
価格:無料
カテゴリ:アプリ > 天気
開発者:Nayutaya Inc.
バージョン:0.1.1
ANDROID 要件:2.2 以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.nayutaya.mini.radarmap

btn_android

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6678637/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会