体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男がヒヤッとするキーワードとは?

男がヒヤッとするキーワードとは?

自分にとって近しい相手だからこそ、話題にしたくないこと、避けたいキーワードはあるもの。

会社員のケイイチさん(仮名・45歳)は、妻のいる前で、「不倫」とか「浮気」といった話題が出ると、妙に緊張している自分に気付いたという。
「別に、僕自身が不倫をしているわけではないんです。やましいことはまったくないんですけど、『あなたはどうなの?』なんて聞かれたらどうしよう、とか考えちゃうんですよね(笑)。『悪いことをしてる訳じゃなくても、町で警察官とすれ違うと緊張する』というのと、同じようなものでしょうね」。
「不倫」や「浮気」なんてキーワードが家庭の中で出ることに、緊張感を感じるのは、ケイイチさんだけでない。同じく既婚者のユウジさん(仮名・35歳)も、ケイイチさんの意見に共感するという。
「やましい行為をしていなくても、妻がいる前で『不倫』『浮気』という話題やキーワードが出ると、ドキッとします。男でも女でも、頭の中で『あの人いいな』とか、『一緒に飲みに行きたいな』と考えることは、よくありますよね。ただ、男の場合は、それ以上の妄想をしているんです (笑)。だから、やましい行為そのものはなくても、やましい妄想をしているという罪悪感がある。だから、そういう話題やキーワードが出てくると、自分の頭の中を見られたような気がして、緊張するのかもしれません」。

既婚者の場合は特に、安定と引き換えに、配偶者から得るドキドキ感は減ってしまうもの。そのため妄想もするし、「不倫」や「浮気」という言葉にドキッとすることになる、ユウジさんは語ってくれた。

ただし、「浮気」というキーワードにドキッとするのは、既婚男性だけではないようだ。独身のトシオさん(仮名・33歳)も、ケイイチさんの話に共感するという。
「僕も女性と一緒にいる時、浮気の話になった途端、ニヤニヤしたり、唐突に話し始めたことがあります。別に浮気をしていた訳じゃないのに。当然、一緒にいた女性にツッコまれました(笑)。実際に行動に移すかどうかは別として、多くの男性には潜在的に浮気願望があるもの。だから、彼女がいても、目の前に美女が現れたら、鼻の下も伸びちゃうんです。女性もイケメンや芸能人に憧れるだろうけど、男は単純な分、美女を目の前にすると、『どうにかなるかも!』と期待する。だから、『浮気』って言葉にも敏感に反応するんでしょうね」

一方、同じく独身のタカオさん(仮名・39歳)は、また違った見方で、「浮気というキーワードに緊張するわけ」を語ってくれた。
「変なことを言って、彼女や好きな女性に、『もしかして、この人も?』って疑われちゃうんじゃないか…そんな心配をしているからこそ、緊張するんだと思います。女性が思っている以上に、男性は女性に気を遣っているんです(笑)」。

一緒にドラマを見ていた彼が、「浮気」というキーワードに妙な反応を見せても、必ずしも黒とは限らないようだ。男心は、意外と繊細なのかもしれない。(栗頭渋子)

<Photo>(c)Paylessimages,Inc.All Right Reserved.

(http://news.livedoor.com/article/detail/6676507/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会