体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オトナ女子たちの圧倒的支持をうけ、ドラマ10『はつ恋』の一挙再放送が決定!

オトナ女子たちの圧倒的支持をうけ、ドラマ10『はつ恋』の一挙再放送が決定!

写真拡大

昨年女児を出産した女優の木村佳乃さんが2年ぶりに連ドラ主演を務め、現在NHK総合テレビで毎週火曜夜10時から放送中のドラマ10「はつ恋」が22、23日(21、22日深夜)に一挙放送される。

ドラマはこれまで「やまとなでしこ」(フジテレビ系)や「ハケンの品格」(日本テレビ系)でリアルなオトナ女子の姿を描いてきた中園ミホさんが脚本を手掛ける甘く、切なく、狂おしい大人のラブストーリーで、女性だけでなく男性をも“キュンキュン”させているという話題のドラマだ。ドラマには思わず「はっ」とする中園さんの珠玉の言葉が散りばめられている。

ストーリーは、木村さん演じる言語聴覚士の緑が、初恋の人である三島の裏切りに傷つき、深い心の傷を負いながらも年下の青年・潤と出会い結婚するというところからスタート。潤と幼い息子と幸せに暮らしていた緑だったが、ある日、自分が肝臓がんを患っていることを宣告される。極めて困難と言われていた手術をできるのは昔、緑を深く傷つけ、今はスーパードクターとしてフランス・パリで活躍する三島だった。緑はいったんは三島による手術を拒否するも、愛する家族のため生きることを決意し、三島に命をゆだねる……という大人のラブストーリーだ。そしてココだけの話だが、このあと誰もが「ええっ!」と驚く展開が繰り広げられるというではないか!ますますハマるオトナ女子が続出するのは間違いない。

最愛の夫と息子、そして世界で一番憎い“はつ恋”の人の間で揺れ動く緑を木村さんが演じているほか、心の内に癒えぬ寂しさを抱える医師・三島を伊原剛志さん、緑を支える優しい夫・潤を青木崇高さんがそれぞれ好演しており、そんな登場人物の繊細な心情を見事に表現している出演者らの演技が、丁寧に作られた映像との相乗効果を生んで大きなうねりとなって視聴者を引きこんでいる。

「残念!見逃していた」という方にとっておきの朗報!これまでに放送した全4回の再放送が決定したのだ。シリーズの途中にもかかわらず、これまでの一挙アンコールを編成するのはNHKでも極めて異例だという。本放送のドラマを見逃してしまった人はこの機会にぜひチェックしてテレビの前で一緒に“キュンキュン”して大人の時間に浸ってほしい。ドラマ10「はつ恋」の放送はNHK総合テレビで第1回が22日午前2時10分~2時58分、第2回が22日午前2時58分~3時46分(21日深夜)、第3回が23日午前1時30分~2時18分、第4回が23日午前2時18~3時6分(22日深夜)の2夜連続で放送。
[PR企画]

■関連リンク
NHKドラマ10「はつ恋

(http://news.livedoor.com/article/detail/6673384/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。