体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】

iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】

操作がわかりやすくて直感的なiPhone。自宅に置いていると、子どもが勝手に操作するこという話もよく聞く。また、ちょっとした待ち時間に、子どもが退屈しないようにiPhoneを触らせるということもあるだろう。けれど、アプリを勝手に操作したり、怪しいサイトにアクセスすることは防ぎたい。アプリごとに機能制限を利用する方法を確認しておこう。

■知っ得No.321 iPhoneの機能制限を設定する
iPhoneそのものにロックをかける方法については以前にも解説した。けれど、子どもにゲームをさせている時間などは、ロックを解除した状態になっている。このとき、勝手に他のアプリを操作される可能性もある。

そんなときには、個別のアプリを指定して、機能制限をかけるようにしてみよう。「設定」→「一般」→「機能制限」を選択して、設定を行う(画面1~2)。機能を有効にして、パスワードを設定しておこう(画面3)。アプリごとに、オン/オフを選んでおけば、設定は完了だ。
iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】画面1 ホーム画面で「設定」をタップし、「一般」をタップ。「機能制限」が「オフ」になっていることを確認し、タップする。
iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】画面2 [機能制限を設定]をタップする。
iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】画面3 機能制限パスコードに、4桁の数字を入力。続けて、確認のためもう一度入力する。
iPhoneアプリを子どもが勝手に使えないようにする【知っ得!虎の巻】画面4 アプリごとに、制限のオン/オフを設定する。オフにしたアプリは、機能制限を解除しなければ使えない。
これで、以降は機能制限を解除するまで、該当するアプリは利用できなくなる。ただし、身内なので、パスワードの設定には要注意。誰かの誕生日などはすぐバレてしまう。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス
制作編集:エヌプラス
Copyright 2012 livedoor. All rights reserved.
■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる

(http://news.livedoor.com/article/detail/6676419/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy