体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AKB指原のスキャンダル。TBS番組は「90%以上のファンが彼女を許した」と説明

今月14日、「週刊文春」(6月21日号)は、AKB48・指原莉乃の元カレを名乗る男性が、彼女との交際内容を暴露した記事を掲載。15日深夜(16日)には、指原本人が『AKB48のオールナイトニッポン』に生出演し、騒動の釈明と謝罪を行うと、待っていたのは、秋元康氏によるHKT48移籍の命だった。

すると、TBS『火曜曲!』(19日放送)では、指原への単独取材や、前述したオールナイトニッポン出演時の彼女の様子を放送。指原のスキャンダルは“疑惑”と位置づけ、HKT48移籍については、前向きかつ好意的に伝えた。内容は下記の通り。

「独占告白 HKT48移籍の真相」と付けられた番組内の“指原特集”は、「なぜ人気絶頂の今、彼女はAKBから離れ、まだメジャーデビューもしていない結成したばかりのHKTへと移籍することになったのか」と、移籍の理由がハッキリしているにも関わらず、遠回しなアナウンスとともにはじまり、「彼女に突然の悲劇が。ある週刊誌に、指原のスキャンダル疑惑が掲載されるとの情報が事前に知らされた」と説明。「記事の内容は一方的な主張が書かれたもの」とも――。

また、指原のHKT48移籍について、「今回の騒動を受け、秋元さんはじめスタッフが協議を重ね、導き出した答えは、AKBで成功を掴んだ彼女が、先輩としてまだ若い後輩グループを引っ張り、支えていくという新たな道。それは誰よりもAKBを愛し、誰よりも頑張る指原に期待したスタッフの強い思いだった」と伝えるや、「AKBに戻りたいなんていわないです、私は。それなりの覚悟でHKTと一緒に頑張るって決めたので。HKT48のメンバーと力を合わせて、最強のチームにしたいです。ファンの人とかも認めてくれるには滅茶苦茶時間はかかると思うんですけど、変わらず頑張るので変わらず応援して下さい」という指原のコメントも加えられた。

さらに、同番組がエンディングに近づくと、「騒動以来、ファンの反応を心配していた指原だが、先日行われたアンケートでは90%以上のファンが彼女を許し、70%以上のファンがAKBへの復帰を望むという結果に」といったデータ(出所の説明はなし)を紹介しつつ、その最後は「AKBとして一度は夢を叶えた彼女は、HKTの指原として後輩たちを支えながら、次なるステージへと走りはじめたのである」というアナウンスで番組は終了した。

【関連リンク】
「週刊文春」でAKB指原交際報道、衝撃内容にファン「絶対許さない」
指原莉乃をからかった浅草キッド・玉袋筋太郎に賛否

(http://news.livedoor.com/article/detail/6674453/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。