体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条

ソンミ 写真一覧(8件)

 今年2月、エディ・マーフィとベン・スティラーの初共演により劇場公開された『ペントハウス』。同作のブルーレイ&DVD発売を翌日に控え、19日には都内で試写会イベントを開催。台風4号が東日本を縦断する中、大勢の観客が詰めかけた。

 物語は、北米一の最高級マンション「ザ・タワー」を舞台に、最上階の“ペントハウス”に住む大富豪によって財産を奪われたタワーの使用人たちが、隠し財産20億円を盗み出そうとするもの。ベン・スティラー演じる管理マネージャーのジョシュは、犯罪シロウトの使用人たちの助っ人として、エディ・マーフィ演じる泥棒のスライドを仲間に入れ、難攻不落のペントハウスから20億円強奪のミッションに挑むのだった…。

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条 ステージには、セレブ代表としてマカオでカジノ経営をする父親を持つモデルのソンミが登場。次から次へとセレブなエピソードが飛び出し、そのスケールの大きさに観客はただ言葉を失う他なかった。

・カジノで父親の友人に2億4千万円をもらい、1度に1億円負けた
・祖父母が財布にチップを入れてくれるから、お金は減らないものだと思っていた
・二十歳の誕生会に行ったら、昔から好きだった深田恭子がいた
・人生で唯一叶わなかった願いは、家の前の川でイルカを飼うことだけ
・飛行機はファーストクラスしか乗らないので、エコノミークラスは修学旅行用にオーダーメイドしたと思っていた

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条 劇場公開時に本作を鑑賞済みのソンミは「お金持ちにも、良いお金持ちと悪いお金持ちがいると思いました。この映画を特に悪いお金持ちの方に観てもらいたくて、悪いことをしたら必ず仕返しされることを学んで欲しいですね。私の家はペントハウスではないですけど、東京の一つの家は31階、マカオは36階と、割と上に住んでますね。30階以上だとスパ、エステ、プール、色々使えるので。」とコメント。エディ・マーフィについて話が及ぶと、突然『ビバリーヒルズ・コップ』のテーマ曲が流れ出し、庶民代表としてエディ・マーフィのモノマネをネタにもつ吉本興業のイケメンユニット「L.A.F.U.」のジャンが登場。「ソンミ、君のハートを盗みに来ちゃったんだぜ!」と公開プロポーズをしたジャンに対し、「ソンミのハートを盗む3カ条」が発表された。

1. 家事や料理を一切、私に求めない人
2. サラリーマンの平均年収3,000万以上の人
3. 父を怖がらない人

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条 家事や料理については「ソンミがやりたくないと言うんだったら、俺が全部やるぞ。料理は全部、冷凍食品だけどね(笑)。」と優しさを見せてたジャンだったが、年収については「俺は時給950円でアルバイトしてるんだぞ、稼げる訳ないだろ!」とご立腹。「でも大丈夫。時給950円でも人生の楽しみ方を教えてやるよ。950円あったらカラオケで3時間歌えるぞ。」と気持ちを切り替えたジャンに、ソンミは「歌えない。この前1時間で2万8千円でしたよ。」と述べ、セレブと庶民の価値観の違いが露呈された。 庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条 ソンミは父親について「すごく厳しくて、昔から門限も7時、彼氏もダメ、結婚もしなくていいと、私のことを溺愛してるので、彼氏や旦那さんが出来ても会ってもくれないと思うんですね。だから、それにめげずに自ら父にガツガツとコミュニケーション取ってくれる人がいいですね。父は彼氏が出来たと言ってなくても全部情報を知ってて、10代の時に父に内緒で彼氏と旅行に行ったらバレちゃって、どこにいるかも言ってないのに、4時間後に秘書、SP、運転手の4人で迎えに来たんですよ。次の日に私と彼氏が呼び出されて、別れさせられました。ちなみに、その彼氏は元気に生きています(笑)。」とエピソードを紹介。「実は、僕のパパもめちゃくちゃ怖い人で、怖い人には慣れてるから、ソンミのパパが来ても大丈夫。俺は絶対逃げずにソンミを獲得するぞ!」と宣言したジャンだったが、「裏ではすごく丁寧に挨拶されたので、ギャップが面白い。」とソンミに暴露されていた。

 最後にメッセージとして、ソンミは「庶民のシロウト泥棒軍団がFBIの捜査網の中で隠し財産を盗み出そうとするんですけど、普通じゃ絶対に考えられないじゃないですか。どうやって盗み出すかという所に注目して欲しいですし、最初からハラハラドキドキですごく楽しいので、是非そこに注目してご覧になって下さい。」とコメント。ジャンは「本物のエディ・マーフィとベン・スティラーの繰り広げる緊張と緩和から生まれる笑いが最高だったよ。この映画のテーマは盗みだけど、この映画は盗まずにちゃんと買ってね(笑)。」と締め、ステージを後にした。

 MOVIE ENTERの特集ページでは、『ペントハウス』と『宇宙人ポール』のブルーレイ+DVDセットが当たるTwitter投稿キャンペーンを実施中。あなたが“20億円を手に入れたら”“宇宙人に遭遇したら”どうする?

『ペントハウス/宇宙人ポール』特集

庶民がセレブモデルのハートを盗むための3カ条

(http://news.livedoor.com/article/detail/6674489/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。