体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ!ハイスペック、らくらく、でも、ピンクが好き(新米ママちえ編)

2012年夏モデルでおすすめのスマートフォンはこれだ!ハイスペック、らくらく、でも、ピンクが好き(新米ママちえ編)


GALAXY SIIIはやはり本命?
こんにちは。最近赤ちゃんを出産して育児奮闘中のちえです。

子供を産んだからモバイルは少しおあずけ……とはならず、相変わらず新しいスマートフォンを触りながらはしゃぐ日々を送っております。

先月中旬から順次各携帯電話事業者より夏モデルが発表されました。以前にも増してスマートフォン中心のラインナップとなり、ますますどれにしようか悩んでしまいますよね。先日も東京で行われたNTTドコモの2012年夏モデル内覧会に行ってきて、新機種を体験してきたばかりです。

そこで、今回は、私が個人的に気になった新機種からベスト3を選んでみました。現時点で実物に触れることができたのが、ドコモ向け端末のみのため、あえてドコモのモデルから選んでみました。

1位 おサイフケータイにも対応したGALAXY SIII SC-06D

IMG_1839_l

愛用中のGALAXY Note SC-05DとGALAXY SIII SC-06D

最初にぶっちゃけて言ってしまいますと、プレスリリース当時はあまり興味が沸かなかったのです。グローバル版と比較してクアッドコアがデュアルコアにスペックダウンしているし、既存モデルと比べると大型化しているし……。

元々ペン付きの「GALAXY Note SC-05D」が気になっていたので、「どうせ大画面ならNoteが欲しい!」と、発表後にGALAXY Noteを買いに行ったくらいですから。

もちろん、購入後に使っていても、GALAXY Note SC-05Dはすばらしいと感じます。その考えは変わりません。

しかしながら、GALAXY SIII SC-06Dを触ってみて、こちらも非常に魅力的だと感じました。理由は思ったほど大柄感を感じなかったからというのがあります。

GALAXY Note SC-05Dは片手操作はさすがに厳しいです。GALAXY SIII SC-06Dはギリギリ片手で操作できました。ちなみに、筆者は女性としては手が大きめだと思います。

この片手で操作できるという点は、普段からも重要ではありますが、ママになってベビーカーを押したり、赤ちゃんを抱っこしているとさらに重要なんですよね。

丸みを付けることで手になじみ、薄さも確保することでスマートに扱えます。

また、動作は“GALAXYシリーズ”の名の通り“超高速レスポンス”で快適です。

今までGALAXYシリーズを使っていて、おサイフケータイがないのが非常に残念でした。私はおサイフケータイのモバイルSuicaとiDを使っているので、ここはかなり重要なポイントなんですよね。

ここにきて満を持してのおサイフ(Felica)機能対応!代わりにNFC非搭載になってしまいましたが、現状の国内では断然FeliCaのほうが需要はありますし、とてもありがたいと思います。

おサイフ×超高速レスポンスで“無敵”になったGALAXYはやはり大本命なのではないでしょうか。

2位 シニア向けに特化したらくらくスマートフォン

IMG_1814

らくらくスマホはホームキーのみ!
こちらもはじめに言っておくと、自分で欲しいわけではありません。

長い間、movaやFOMAでらくらくホンシリーズを展開してきた富士通が発表した「らくらくスマートフォン」。

スマートフォンをどれだけ簡単に誰にでも使えるようにカスタマイズしてきたのか、非常に興味深い機種なのでした。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。