体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DVD起動でもアプリが使える 便利なUbuntuの使い方【デジ通】

DVD起動でもアプリが使える 便利なUbuntuの使い方【デジ通】

ユーザーがUbuntu(ウブントゥ)などのLinuxの導入をためらうのは、用意されている「アプリの少なさ」と「操作が難しい」という印象があるからだろう。しかしながらUbuntuはきわめて使いやすいインターフェースを備えており、最新の12.0.4は搭載するアプリも豊富だ。今回は、標準搭載アプリをざっと紹介しよう。

■Webブラウザ、Officeスイートも標準搭載
Ubuntuには、多数のアプリケーションが搭載されており、標準インストールの状態でもデスクトップ用途としてかなり使えるようになっている。

標準搭載されているアプリは、以下。これだけで一通りのことはできてしまうことが分かるだろう。

Firefox:Webブラウザ
Thunderbird Mail:メールクライアント
LibreOffice:オフィススイート(Writer、Calc、Impress、Draw)
Rhythmbox:ミュージックプレイヤー
Shotwell:写真管理ツール
Empathy:インスタントメッセンジャー
Gwibber:Twitterクライアント
Transmission:BitTorrentクライアント
Brasero:CD/DVDライティング
SimpleScan:スキャナユーティリティ

その他、ソリティア、マインスイーパー、上海などのゲームも多数プリインストールされている。

■メディアから起動してもアプリが使える
Ubuntuがすごいのは、これらのアプリは「DVDメディアから起動した状態でも使える」ということだ。

Windowsトラブル時にデータを救出!Ubuntuの便利な機能アレコレで解説したが、パソコンのトラブル時、データ救出目的でUbuntuを使うと便利だ。だが、緊急の仕事がある場合、OSの再インストールが完了するまで待つことはできないだろう。このような時には、メディアから起動したUbuntuを使って、引き続き、ファイルの作成や加工などができる。作成したファイルは、USBメモリなどに保存すればよい。

とくにMS Office互換のLibreOfficeは、レイアウトの再現性も比較的高く、高機能なので、非常に便利だ。操作感も(Office 2003までの)MS Officeに似ているので、戸惑うことはないだろう。

■アプリの起動は「Mac似」
Ubuntuにインストールされたアプリを起動するには、画面右側に並んだランチャーのアイコンをクリックして行う。LibreOfficeやFirefoxは、あらかじめ登録されている。

ランチャーに登録されていないアプリを起動するには、ランチャー最上部の「Dashホーム」をクリックする。ここで下部の文房具状のアイコンをクリックすると、インストールされたアプリの一覧が表示される。このあたりは、MacOS Xの「Launchpad」に近い感覚だ。

データ救出時だけでない、Ubuntuの「お得さ」がご理解いただけたのではないだろうか。

Ubuntu Japanese Team

大島克彦@katsuosh[digi2(デジ通)]

digi2は「デジタル通」の略です。現在のデジタル機器は使いこなしが難しくなっています。
皆さんがデジタル機器の「通」に近づくための情報を、皆さんよりすこし通な執筆陣が提供します。

ITライフハック
ITライフハックTwitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6672262/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。