体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展

考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展

「写真の町」から生まれた「念力、滲透、輪郭」とは? 気鋭の写真家が描く世界にドキッ』で紹介した写真という枠を軽やかに超える若手3人による異色な写真展 佐藤 志保、畠山 雄豪、人見 将の「念力、滲透、輪郭」が東京・銀座にあるリコーフォトギャラリーRING CUBEにて開催中だ。

今回の3人の作家は、「リコーポートフォリオオーディション」で優秀賞に選出された進新気鋭の3名の作家、佐藤 志保 氏、畠山 雄豪 氏、人見 将 氏だ。3名が、それぞれ、「念力」「滲透」「輪郭」といった一風変わったテーマを掲げた作品が転じられており、これまでにない不思議さが漂う展示となっている。

さっそく、それぞれのテーマや作品について、3人の作家にお話を伺ってみた。
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展左が人見 将 氏、中央が佐藤 志保 氏、右が畠山 雄豪 氏

■展示・テーマ企画先行だからこそ作家性を強く発揮できる
今回、別々のテーマの3人の作品が展示されている理由とかそれぞれのテーマについて伺った。

「『リコーポートフォリオオーディション』では、『写真展をやるんだったら、どういう写真展にします?』というオーディションでしたので、応募者が展示企画テーマと作品を持ち込んで、作品を競い合いました。今回は、オーディションで通ったテーマに近づけ、今回のような形になりました。」

通常の写真作品ありきでなく、明確な展示とテーマがあっての写真展というスタイルは斬新だ。よりメッセージ性や作家性を前面に押し出すという意味でも興味深い。

■銀座の街に浮かぶRINGCUBEに浮遊し滲透(しんとう)していく世界 - 畠山 雄豪 氏
畠山氏のテーマは「滲透」。3人の中で立体的はスタイルを持つ作品だ。

RING CUBEはドーナツ状の展示空間をもつギャラリーで、外側と内側の壁面に作品を展示できる。今回は内側に人見氏、外側に佐藤氏の作品が展示され、中央の床面が畠山氏の作品が展示されるという一風変わったパノラマ的な展示となっている。

床面に作品を置くのは斬新なアイデアについては
「RING CUBEでしかできないような展示がしたいと、プレゼンのときにアピールしました。」
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展床面に作品を置くのは斬新
畠山氏は、RING CUBEの1/50の縮小模型を実際に作り、床に置く作品の数を17個くらいと割り出したという。

「作品は6:7のフォーマットで作られていますが、石が浮いていて、そこをさまよっていく空間を作りたかったのです。宇宙から見た地球は、海や大地、川があり、大地に水がしみ込んでいき、やさしく包み込んでいる印象を受けます。それが自分の足下にも広がっているのではないかと感じたんです。RING CUBEは、建物自体が釣り構造なので、足下に作品を置いたら、銀座の街を空中散歩しているように面白いかなと思ったんです。」
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展浮遊し滲透する石たち
左右に他の作品があることで、中央の展示が活きてくるという。
「人見さんと佐藤さんの写真を見たときに、どちらもすごく大きくて。どちらも人物が存在し、輪郭と情景の中にあるものが対峙している、さまよいこんでいる中に自分の作品がある。おふたりの作品は、向き合っている部分も面白いかなと思います。」
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展左右の作品の中を流れる畠山氏の作品はまるで川のようだ
今後の展開についてうかがってみると、
「僕は、写真にこだわっていきたいです。毎回、テーマで撮っていきたいです。テーマや手法を変えて、写真の記録性ということにこだわっていきたいです。今回の『滲透』(しんとう)は、淡々と存在する行為というのを見せたくて。水の流れる様子というのは、それを撮るともうなくなるという様子が、それが写真の記録する行為にリンクしている感じがします。モノとかカタチとかの裏側にあるもの、儚さとかにこだわっていきたいなと思っています。」
畠山氏の作品にはサプライズ的なものもある。
四角いボックスがある。ボックスの中をのぞいてみると、……。是非、会場で確かめて欲しい。
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展四角いボックスがある。ボックスの中をのぞいてみると、……
■なぜ?なぜ?回答のない写真の面白さ うつらないものをイメージする- 佐藤 志保 氏
佐藤氏に作品のテーマは「念力」だ。真偽はともかく「念写」や「心霊写真」なるものとは違って、通常の撮影で、超常現象と呼ばれるものが写真に写ることはない。

では、なぜ写らないものをテーマに選んだのだろうか? 謎は謎をよぶ……。

「超能力とか、超常現象を題材に撮っているんですけど、念ってどれだけ強い思いで念じても、端から見ていてわかるもんじゃないなと思って。この作品では写真に写るもの、写真に写らないものをそれぞれ印画紙に写しています。念を込めている写真を見てもわからないし、念を込めてますって言葉だけ見てもわからない。2つを組み合わせたときに、『ああ!こういうものだったんだね。』と、してみたかったんです。」
考えると寝られなくなる!「念力」「滲透」「輪郭」、ドキっとする摩訶不思議な写真展佐藤氏のテーマ念力  ダウジング
写真作品には、作家の「メッセージや解」が大抵はある。見る者もその「メッセージや解」や自分なりの答えを探すものだ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。