体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ニコニコ動画:Zero』の最新プレーヤーが更に使いやすく改善 でも原宿バージョンには勝てない

『ニコニコ動画:Zero』の最新プレーヤー『ZeroWatch』がリリース後にあまりの使いにくさと重さに、ユーザーから多大な批判を受けたのは記憶に新しいだろう。負荷の高いプレイヤーに観音開きの配置、コメント入力欄は動画の中央と誰が見ても使いやすいとは思えない代物だった。

しかしそれから数日、ユーザーのフィードバックを反映させコメント欄は下に配置され負荷も軽減。さらにコメント数に応じてフレームレートも可変させるなどの工夫がされた。しかし『ZeroWatch』の改善はそこでは終わらなかったのだ。
本日、『ZeroWatch』プレーヤーに大幅な改善が施された。どこが変わったのかを『ニコニコインフォ』より抜粋して説明していきたい。

動作が軽快に …… リリース当時に比べて軽くチューニング。
ページ下部の表示位置見直し …… ページ下部にある動画情報、動画レビュー、ニコニコ市場の表示位置を大幅に見直し。
タイトルの文字の大きさを縮小 …… 大きすぎたタイトルの文字の大きさを縮小
タグ表示数を増加 …… タグを2行表示に。
コメント入力やコントローラーをプレーヤー下に表示する設定を追加 …… コメント入力欄だけでなく、プレーヤーも動画の下に移動できるように。これで邪魔じゃなくなった。
テレビちゃんアイコンがタグの横に …… 最上部にあったテレビちゃんアイコンがタグの横に移動。メニューが表示される。
原宿と同じ大きさの「中画面モード」で常に表示できる設定を追加 …… 原宿バージョンと同じ大きさの「中画面モード」で常に表示できる設定が追加された。
動画周りの表示を暗くしない設定を追加 …… コメント一覧など動画以外の箇所が暗転する機能をオフにすることが可能。

以上の設定はプレーヤーの設定項目(歯車アイコン)から行うことができる。デフォルトでは自分に使いやすい設定になっていないので極限まで原宿バージョンに近づけて使ってみてはどうだろうか。
しかし「再生数」「コメント数」マイリスト数」の位置が未だに下にあるのは非常に見づらいのだが。重要な項目なので上に持ってきても良いような気もするが。
また外部へ貼るタグが新プレーヤーだと見当たらないのが気になる。まさか無いとか……。

本当の意味で「皆様からのフィードバックを反映」される日はいつだろうか。
そっと原宿バージョンに戻した記者であった。

「ユーザーの要望を大幅反映!」

「ZeroWatch」がより軽く!使いやすく!フィードバックを大幅反映

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会