体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interop Tokyo 2012:時間があったら展示会へ行こう!展示会のノベルティグッズだけでスマートフォン周辺機器を揃えてみた【おまけ企画】

Interop Tokyo 2012:時間があったら展示会へ行こう!展示会のノベルティグッズだけでスマートフォン周辺機器を揃えてみた【おまけ企画】


展示会のノベルティグッズに見るスマートフォン普及のあれこれ
クラウドコンピューティングなどの仮想化やIT技術やビジネス関連の展示会としてINTEROP TOKYO2012(併催イベントとしてデジタルサイネージジャパン他)が2012年6月13日~15日まで千葉の幕張メッセにて開催されました。

今回はおまけ企画ということで「INTEROP2012のイベントにて各ブースで貰うことのできるノベルティグッズだけで、どれだけスマートフォンの周辺機器やグッズが揃うか」を実践してみました。
固い要素の一切ない記事ですので肩の力を抜いてご覧ください。■意外と世相を反映しているノベルティグッズたち

02 01

初日(6/13)にもらったノベルティ

03

最終日(6/15)に貰ったノベルティ(※重複して貰ってしまったものは外してます)
一口にノベルティグッズといってもボールペンやステッカー・新製品やソリューションの試供品といったものから、折りたたみチェアー(!)という配布する側のコストが気になってしまうような大型のアイテムまで存在します。(抽選クジなどでPCやiPadなどがもらえるブースもあったりしますが、抽選モノは必ずもらえるものではないので除外)
世相を反映の言葉通り、基本無料でばら撒く(名刺の提出はあるものの)グッズなので昨年のINTEROP2011では震災直後ということもあり、あまり大規模だったり派手なグッズの配布やプレゼンは少ない印象でした。

そんな中、徐々にスマートフォンが浸透してきている昨今では、ちらほらとスマートフォン向けグッズのノベルティなどを多く目にするようになってきました。
特に今回のINTEROPやCEATECなどの大規模かつ大きな商談の場となるような展示会では豪華なノベルティグッズが用意されやすく、取材ついでに乞食できてオイシイ会場を回る楽しみの一つにもなっている方もいらっしゃると思います。

■今回頂戴したノベルティグッズでケータイ・スマホ関連アイテムを絞り込んでみる

04

本来はここにガラケー用充電器と画面拭きクロスがあったのですがカミさんに盗られプレゼントしました。

それでは、貰ったスマートフォン・ケータイ向けグッズをまとめてみましょう!

05 06

端子交換タイプのUSB充電器ケーブル(左)・スマートフォン用防水ポーチ&静電タッチペン付きボールペンとスマホケースのセット

07 08

ケータイ・スマホ用スタンド(その内1つはUSB端子付きでクレイドル利用可)とShotnote&CamiApp用のノート

09 10

裏面が画面クリーナーになっているストラップと吸盤でスマートフォンに張り付けられるスタンドになるストラップ

11 12

上の静電ペン付きケースとは別に貰ったペン先と反対側が静電タッチペンになっているボールペン

無料でこれだけのアイテムが貰え、揃えられる展示会イベント。
情報収集とはまた違った展示会の顔が見えてくるかもしれません?
ちなみに最終日に行くとあまったノベルティの処分放出がされるので、最終日に行くと色々と貰いやすいかもしれません。

記事執筆:河童丸

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
INTEROP TOKYO公式

(http://news.livedoor.com/article/detail/6669158/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会