体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カスタマイズ性良し!使いやすい多機能Twitterクライアント「twitcle」【Androidアプリ】

カスタマイズ性良し!使いやすい多機能Twitterクライアント「twitcle」【Androidアプリ】

カスタマイズ性に優れたTwitterクライアント!
Android端末のディスプレイサイズの多様化により、端末によって使いやすいアプリと使いづらいアプリが出てきました。小さいディスプレイでは気にならなかった操作も、大きいディスプレイの端末の片手操作では画面端のボタンに指が届かなくなるなど、大画面=使いやすいという訳ではないことがわかりました。

頻繁に使う操作系は、画面の下の指が届く範囲に欲しいところです。今回紹介するTwitterクライアント「twitcle」は、よく使うボタンが画面下に配置された使いやすいアプリです。

twitcleはどんなアプリ
マルチクライアント、userstreamなど便利な機能に対応した本格的なTwitterクライアントです。操作系の特徴としては、カラム機能がありタイムライン、メンション、ダイレクトメールを横スワイプで切り替えて確認できる点です。このカラムはカスタマイズ可能で、必要な機能だけに絞ったりリストやユーザーなどをカラムに追加することができます。
ツイートをタップすると、返信やRTなど意外にリンク、グループ設定、共有、ミュートなど豊富なメニューが表示されますので、そのツイートに対する操作で悩むことはないでしょう。
そのほか、カスタマイズ機能でタイムラインのカラー設定、吹き出し風のスタイルに変更、アイコンの表示・非表示など画面の解像度や、端末の通信状況に合わせて細かな設定を行うことができます。背景画像を指定することもできますので、自分好みのデザインにカスタマイズ可能です。

01

カラム管理で特定のユーザーのツイートだけをみることもできる。

02

吹き出し表示にしたところ。

03

ポップアップ表示される画像はピンチ操作で回転拡大縮小が可能だ。

twitcleはどうなの?
カラム機能を使えばメニューなしでダイレクトにリストの確認ができるなど、フォローユーザーが多い人には特に使い勝手良いでしょう。ハッシュタグの管理や、フッターの定型文など企業でも即使える便利な機能が搭載されています。
右手持ちの場合はツイートボタンが画面左下のため、ディスプレイサイズが5インチクラスともなると押しづらい位置になりますが、基本操作は画面下で行えますので指を大きく動かすことなく操作できます。

カラーのカスタマイズは、色を直接指定するため直感的にわかりやすいのですが、白などの指定がやや難しく感じます。基本色はパレットから呼び出せると初心者でも使いやすくなるのではと感じました。

TLを最新のツイートへジャンプさせる操作は、TL最上段のバーをタップとなります。画面が狭い端末の場合、このバーにあるカラム切り替えとユーザー切り替えのUIと誤操作になってしまうのが気になります。大画面の端末の場合は画面上部に位置するため操作性が悪く感じてしまいます。MENUの中にある、「ユーザー認証」や「カラム管理」など頻繁に使わない機能の代わりに、最上段へジャンプする機能が割り当てられていると便利になるのではないかと感す。

登場してから間もないtwitcleですが、ユーザーの意見を取り入れて素晴らしいTwitterクライアントに成長しています。今後の発展が楽しみなアプリですので、是非使ってみてください。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会