体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!ソフトバンクの「HTC Desire X06HT」と比較した【レビュー】

海外向けSIMフリーモデル「HTC One V T320e」を使ってみよう!ソフトバンクの「HTC Desire X06HT」と比較した【レビュー】


およそ2年で何が変わった?Desireとの比較
ローエンドからミドルエンドユーザーをターゲットにしたHTC製の「HTC One V T320e」(以下、HTC One V)は、Android 4.0.3(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したスマートフォンで、グローバル市場では4月に発売されているが日本向けには発売されていない。

前回は外観や同梱品をチェックしたが、今回は、およそ2年前にソフトバンクから発売された「HTC Desire X06HT」(以下、X06HT)と比較してみる。外観やディスプレイをチェックし、X06HTが発売してから2年経過して何が変わったかを見ていこう。

120608_htc_one_v_17_960

本体正面。左がHTC One V、右がX06HT

120608_htc_one_v_18_960

本体背面
どちらもディスプレイサイズは約3.7インチと同等のため本体サイズも近い。X06HTが全体的に丸みを帯びたラウンドフォルムのため、並べて比較するとHTC One Vはスクエアなデザインに見えるが、単体で持ってみるとHTC One Vも角の取れたデザインや、しゃくれた部分のカーブなど曲線ラインを多用しており、角ばったイメージはほとんどしない。

120608_htc_one_v_19_960

本体向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)
左右の側面を比較すると色々な違いが分かる。まずは、X06HTでは左側面に搭載されていた+-キー(上下キー)が、HTC One Vでは右側面に搭載されている。microUSB端子もHTC One Vでは左側面に搭載されている。

そして、本体の高さがHTC One Vでは大きくなっており、厚みはHTC One Vが薄くなっていることも分かる。実際の厚みはX06HTが11.9mm、HTC One Vが9.24mm、重量もX06HTは約135gでHTC One Vは約115gとなっており、薄型化・軽量化され手に持った際の印象が全く異なる。

120608_htc_one_v_20_960

本体向かって上部側面(画像上)と下部側面(画像下)
上下の側面も全て変更されている。上部側面の電源キーと3.5mmイヤホンジャックの位置が逆になっているほか、X06HTではディスプレイ上部に搭載されていたお知らせ用のLEDランプがHTC One Vでは上部側面に搭載されている。

このLEDランプは充電中、充電完了、不在着信、メールなどの通知時に光る。内容としてはどちらも同じ役割を担っているが位置と形状が変わった。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。