体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

また、iVDRスロットにはオートローディング機構を採用しており、カセットHDDを少し押し込んで入れるだけで、iVDR-Sの出し入れが可能だ。まるで、かつてのビデオカセットの出し入れを見ているようで、少し懐かしい。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技

●自分だけのお気に入りテレビ番組をライブラリ化
カセットHDDの最大の魅力は、自分の好きな番組だけをライブラリ化、見える化できるという、使い勝手の良さだ。

たとえば、残しておきたい好きなドラマや映画などのジャンルごとや家族ごとなどに、カセットHDDに録画番組を移動しておけば、自分だけの「オリジナルライブラリ」が作成できる。
※コンテンツの操作は、パソコンやテレビに搭載のWEBブラウザーから行える
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技
さらにライブラリは、昔のビデオカセットの様に、本棚に整理しておけたりするので、いちいちHDDレコーダーの録画画面をみなくても、見たい番組を目で見て選べるのだ。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技自分の録画ライブラリが、カセットのように見てわかる

■自室で録画番組を見よう
「RMSシリーズ」のパソコン接続用「iVDR-Sアダプター」を使うと、「HVL-AVSシリーズ」で録画したテレビ番組を、パソコンでも視聴することができる。

また、自分のライブラリは自室で保管・管理できるので、会社から帰ってきたら録画したはずの番組が消えていたという事態も、もうなくなるというわけだ。

パソコンを使うメリットの一つで、編集機能も実装予定だという。録画した番組の不要なCMなどをカット編集することができれば、自分のお気に入り番組がさらに愛着のあるものになるだろう。
ハイビジョン録画時代のビデオカセット計画!奥さんに趣味の番組を消されない裏技「iVDR-Sアダプター」があれば、録画したテレビ番組を、パソコンで視聴できる
※画面ははめ込み合成
気になる「HVL-AVSシリーズ」の実売価格は2万6,800円。2万円台で、DTCP-IP規格に対応した2テラバイトの内蔵HDDに加え、カセットHDDでライブラリを構築できる多機能なHDDレコーダーが購入できることを考えると、お買い得感がある。

また、500ギガバイトの容量を持つカセットHDD「RMS-500」が実売価格7,300円前後、カセットHDD2個セット「RMS-500X2.A」がパソコンと接続するアダプター付きで実売価格1万5,000円前後となっている。テレビ番組のライブラリ化を考えると、2個セットのほうが、断然、お買い得だ。
※価格は原稿執筆時の価格であり、常に変動する

つかったものは、こちら
DTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク「HVL-AVSシリーズ」
フルハイビジョン録画対応!iVポケット搭載機対応カセットHDD(iVDR-S)「RMSシリーズ」

「HVL-AVSシリーズ」があれば、テレビ番組を録画して、海外ドラマ、サッカー中継、世界遺産、鉄道といった具合に、番組ごとにライブラリ化して管理できる。

折しもロンドンオリンピックが2012年7月27日に開幕される。4年に一度のビッグイベントを、記録として残しておくのにも便利に使えるだろう。

アイ・オー・データ機器
取材協力:Q&Aコンセプトハウス NEXT

(http://news.livedoor.com/article/detail/6667739/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

前のページ 1 2 3
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。